酔った二十歳の姉

閲覧数:149 ビュー 文字数:990 いいね数:0 0件

この体験談は21歳以上の閲覧制限がかけられています。20歳以下の方はブラウザのバックボタンでお戻りください。

俺には二十歳になる姉ちゃんがいます。

大学生ですが親に内緒でキャバしてます。

この前、親が法事で留守でした。

親が留守だと姉ちゃんは酔っ払って帰ってきます。

その時は特に酷くて玄関で鬼ヨッパです。

しかも大抵、着替えて帰ってくるのですが、キャバの服で帰ってきてたのでミニスカートが捲くりアガってパンツ丸見え。

姉ちゃんの部屋まで運んでる時にオッパイは当たるし、中学生の俺には刺激十分。

姉ちゃんは顔は化粧で誤魔化してると思うけど、オッパイだけはデカくてコッソリと寝てる姉ちゃんのオッパイ揉んだりしてたくらい。

なので姉ちゃんの部屋に運んだあとに姉ちゃんでオナニーしようと思った。

最初は見てるだけだったけどチンチン扱きながらオッパイさわったり、マンコ触ったりしても姉ちゃんは起きないので脱がしてみた。

姉ちゃんノーブラで寝るので、オッパイは観たことあるけどマンコ観たのは初めてだった。

ネットでは見たことあるけど生マンコは初めてみた。

匂いもヌルヌル感も変な感じだったな。

一回出して気づいたんだけど入れてもバレナクネ?です。

まあ妊娠させたらヤバイのですが彼女居ない俺にはゴムなんてありません。

姉ちゃんのや親の隠してるの使ったらバレるだろうし。

チンチンに精子残らないようにシッカリと絞ってから姉ちゃんに入れました。

思ったより気持ち良くなくて一安心。

入れたら気持ち良すぎてスグに出ちゃうかと心配してた。

でも段々と興奮してきて姉ちゃんのオッパイ吸ったり揉んだりして姉ちゃんにキスしたりして。

キスは酒臭かったけどね。

段々とガマンできなくなって結局中出し・・・。

あせって姉ちゃんのマンコに指入れて掻き出した。

俺の部屋に運んで裸にして水で洗ったりしたけど服が着せれなくて焦った。

姉ちゃんのベッドのシーツにもシミがあったけど、どうしようもないのでシカト。

変えたほうがオカシイよね?

起きたらシーツ変わってるって、朝に姉ちゃんに服がおかしい事聞かれたので、姉ちゃんが帰ってくるなり玄関先で服脱ぎ始めてて、慌てて俺がきせたと考えてた言い訳をいったら信じてくれた。

近頃また姉ちゃんに入れたくなってて困ってます。

当作品は、個人による創作(フィクション)作品とご理解の上鑑賞ください。当作品には、犯罪的・倫理モラルに反する表現・タブー表現等が含まれますが、表現上の誇張としてご理解ください。くれぐれも当作品の内容を真似しないようご注意願います。