看護婦さんをナンパして

閲覧数:48 ビュー 文字数:3618 いいね数:0 0件

これは1年位前の話。

そのころプータローだった俺は、とりあえず親父の店を手伝ってました。

一人で店を切り盛りするのはちょっと大変だったんで、友人二人(これからHとZ)を店に呼び、仕事をさせました。

何とかその日の営業を終え、帰ろうとした時、

Z「いまから○○(俺の地元のナンパスポット)いかねぇ?」

H「あぁ、暇だしな・・・N(俺)は?」

俺「ん~・・・面倒だな・・・」

嫌がってる俺を強引に車二台(俺のとHの)で○○に向かいました。

案の定平日だったため、人は少なくがらがらでした。

俺「・・・まぁ・・・こんなもんだろう・・・どうする?」

Z「う~・・・あっちょっとまて」

俺「とりあえずトイレ行ってくるわ」

数分後、トイレから出ると二人の姿はいなくなってました。

どこいったかなぁ・・・と思い、探していると二人を発見。

なにやらナンパしているようでした。

さっきまでいなかった女二人でした。

車に乗っていて運転席は普通だったんで、こんなもんかなと思いながら助手席の方を見てみると、

俺「おっかわいいじゃん」

と思い、とりあえず様子を見ようと二人の方へ向かいました。

Z「あっ店長~(笑)この人だよ」

女二人「あっはじめまして~」

俺は店の帰りだったんでスーツ姿、二人は私服の状態。

とりあえず、助手席側に周り話をしました。

助手席(これからS)「えっ・・・なんでスーツ?」

俺「あぁ・・・仕事の帰りなんだ」

S「何の仕事してんの?」

俺「飲み屋ってか親父の店で働いてるんだ」

S「へぇ~」

俺「そういえば歳聞いてなかった。何歳?」

S「19だよ。そっちは?」

俺「21(当時)。19かぁ・・・わけぇなぁ~」

S「くすっ(笑)・・・あんまり変わんないじゃん。」

といろいろ話しました。

Sは看護婦で住んでるところは以外にも近くびっくり、看護婦仲間と二人で住んでるとの事だった。

とりあえず、これから夜勤で帰るといったので、

俺「じゃ、仕事頑張ってな」

S「・・・あのぉ・・・番号教えてくれませんか?」

俺「あぁ・・・いいよ~」

番号を交換し、S達は帰っていきました。

その後、3人で飲むことになり店に戻りました。

Z「Nもちゃっかりだよな~・・・番号交換してるし」

俺「いや・・・あっちから聞いてきたんだけど」

H「え~・・・俺の方が長く話してたのに・・・(泣)」

とさっきのナンパの話等で盛り上がり、酒を飲みました。

それから、5時間後・・・。

3人ともぐてんぐてんの状態になりながらも飲み続けました。

外はすでに朝の8時くらいになり、二人は歩いて帰り、俺は店で寝ることにしました。

3時間くらい寝てて電話の音で目覚めました。

着信をみるとSの名前。

とりあえず電話に出ました。

S「もしもし~起きてる?」

俺「んぁ~あれ~S仕事は~?ってか今何時?」

S「終わったよ~えっと今11時。何?飲んでるの?」

俺「あぁ~8時くらいまで」

S「飲みすぎだよ~二人は?」

俺「帰ったよ~かな~り前に」

S「ほんと平気?」

俺「だ~いじょ~ぶ~」

S「ぜんぜん大丈夫じゃないって(笑)今行くから場所教えて」

とりあえず、場所を教えて再び寝ました。

数十分後Sが来たようで、俺のことをゆすって起こしました。

S「お~き~て~」

俺「ん~・・・お~きたか~」

S「ちゃんと起きてよ~ほら行くよ」

俺「???どこにいくんですかぁ?」

S「ここで寝てると風邪引きそうだし、私の家行こう」

俺「だいじょ~ぶだってさて帰るか~」

S「だめだって。事故ったらどうするの・・・だからね?」

俺「おう・・・じゃまかせた」

そんなこんなでSのアパートに行くことになりました。

S「はい。ここに寝て」

そういうとSは自分の部屋の布団に俺を寝せました。

S「大丈夫?具合悪くない?」

さすがは看護婦って感じで俺を介抱してくれました。

S「ふぁ~(あくび)・・・私も寝ようかな・・・」

そういうと俺の体を押して布団の中に入ってきました。

俺「そういえば今日夜勤だったっけ?悪いね・・・やっぱ帰ろうか?」

S「いいの!弱ってるんだから、おとなしく言う事聞きなさい(笑)」

悪いなぁと思いながらも体はふらふら布団に横になりました。

軽い世間話をしていると布団の中でSが俺の手を握ってきました。

俺「ん?」

と思いながらも話をしていると、

S「Nさん・・・がばっ」

俺「んっ?・・・・!?」

びっくりしてる俺をよそにSは口を塞ぐようにキスしてきました。

長いキスが終わると、

S「・・・しても・・・いいですよね?」

俺の返事無しにSはYシャツを脱がし、ベルトに手をかけ、ズボンを脱がしていきました。

俺はSにされるがままにパンツ一丁になりました。

パンツを半分おろし、息子をつかみフェラしてきました。

ぎこちない感じでしたが、俺を感じさせようと必死にしてました。

そうこうしてるうちに息子はMAX。

S「さわっていいですよ・・・」

そういうとSは服を脱ぎ始めました。

ブラに手をかけて、

S「ここからは脱がしてください(笑)」

俺は後ろから抱きつき、首筋にキスをしながらおっぱいを揉みました。

触ってみると結構なボリューム。

Dカップくらいあり、ブラをはずし乳首をつまみ、

S「・・・んっ」

俺「ここがいいんだ・・・」

と耳元でいうと、Sは恥ずかしそうに無言でうなずき、俺は愛撫を続けました。

Sを横にし乳首を舐めながら、パンツの中に手をいれると、もうぐっしょり濡れてました。

濡れ状況にびっくりするも手マンをしながら、

俺「こんなに濡れてるよ?」

S「Nさんが・・・んあっ・・・するからでしょ・・・あっ」

俺「そんなにしたかなぁ・・・(笑)」

S「いじわる・・・んっ・・・でも原因はNさんなんだから・・・んんっ」

俺「先にしたのはSだろ?」

S「それは・・・ああっ・・・」

少し手マンの速度を速めながら、

俺「それは?なに?」

S「あんっNさんんんっだからだもん・・・あっ」

Sはあった時に一目惚れしたらしく、家に誘ったみたい(後日談)。

俺「あっゴムないや」

S「いいよ・・・しよ?」

俺は息子をあてがい、正上位で動きはじめました。

S「んっんっ気持ちいいあっ」

つくたびにゆれるおっぱいを見て俺も興奮し、胸を揉みながら速度を上げていきました。

S「あぁぁいいっんっ気持ちいぃ」

久々のえっち+生挿入だったため、俺は早くも絶頂寸前。

俺「あ~もういきそう」

S「あっいいよいってぇ」

5分も持たずに俺はSの腹に果てた。

S「・・・つづきいいでしょ?」

そういうと果てた息子をフェラで元気にし、俺にまたがり再び挿入。

S「んっんっ今度は私もね」

よしといわんばかりに俺は下から突き上げました。

S「あぁぁぁぁっいやっだめぇぇぇすぐいっちゃうぅぅ」

一人でいくのが嫌らしく、俺にしがみついて首を振りました。

Sをそのまま後ろに倒し、正上位で再開しました。

S「んっNさんいきそう・・・一緒に」

俺「わかった」

俺は速度をMAXにし腰を振りました。

俺「今度はどこに出す?」

S「あぁぁぁいいよ中でっんんんっ」

俺「マジで?いいの?」

S「あんっうんいいのNさんのほしいの」

俺「・・・考え中(汗)・・・考え中(激汗)・・・・・・・・・わかった」

S「はやくぅあぁぁぁぁぁぁぁっきてぇぇぇ」

ほぼ同時に俺とSは果てました。

その後二人でシャワーを浴び、着替えを借りて二人布団で寝ました。

後日、正式に付き合う事になったけど、一週間後に別れました。

ナンパで知り合ったし・・・とか言ってましたが、告ってきたのはそっちじゃねぇかといいたかったのも山々でしたが、とりあえず、なにも言わずに別れました。

こんな感じです。