お酒の力を借りて…

閲覧数:448 ビュー 文字数:4782 いいね数:0 0件

2月の終わりの頃、出張で郷里の近くに行った時の話です。

一泊予定の出張が土日にかかるので余分にもう一泊遊んで帰ろうとしていました。

大きな街に出て、知り合いにでも(男)連絡して夜を満喫しようかな?

なんて思っていたんですが、この近辺に元カノが暮らしてるのを思いだして、でも、もう7年も逢ってなかったので連絡もとれなければしょうがない。

って感じで携帯に電話してみると繋がりました。

(昼間だったので仕事中で電話に出なかったら諦めるつもりでした)

彼女とは中1からの知り合いで、お互いを意識しながら交際してるってのは高校時代。

しかし受験を期に彼女から

「別れよう・・・」

って切り出され、高三の頃の一年間は、暗黒の高校生活でした。

当然その頃は、まったくのプラトニック・・・

キスさえもしてません。

まぁ、それでも時がたってようやく普通に話ができるようになり今にいたっていました。

しかし、卒業後は私が地元を離れ生活をはじめたので、当然疎遠に・・・

それでも私が帰省した時や、彼女が仕事で私のいる街にやってくるときは時間が取れる限り逢ってお互いの近況や昔話で盛り上がっていました。

嫌いになって別れたわけではないので、お互いに淡い感情を持ちつつ・・・。

その頃にやっとキス・・・

アパートに泊めたこともありましたがあまりにも遠距離、お互いの生活を壊してしまうようで彼女と最後の一線を越える事は一度もありませんでした。

(チャンスは卒業後すぐと私のアパートに泊まった時の二回ありましたが・・・)

状況説明が長くなりましたが、そんな淡い思いを持ちつづけてる彼女と連絡が取れたわけです。

離れ離れに暮らしていますが、厨房の頃からの知り合い、しかも7年も逢っていない。

彼女も

「えー?時間あるの?逢いたいねー」

って言ってくれて、仕事が終わったらご飯でも食べようって事になりました。

彼女はわざわざ車で来てくれて、

「●●に泊まるんならドライブがてら送ってあげる。そしてご飯食べよう」

って言ってくれて、久しぶりに彼女とドライブ。

初めてきた地方なんでいろいろ案内してくれて、車の中でも今まで通り昔話や近況報告で楽しい時間を過ごしていました。

そんなこんなをしてるうちに時間はもう夜の10時。

彼女と話をしてると時間の過ぎるのを忘れてしまいます。

彼女「あれ?お腹空いてるよね?ごめんごめん」

彼女「せっかくだからこっちの美味しい物食べてもらおうって思ってたんだけど・・・場所わかんなくなっちゃった?」

自分「あらら、いいの?時間遅くなっちゃったじゃん。俺はどうせどっかビジネスホテル入っちゃえばいいんだけど」

彼女「大丈夫、だって車だもん。何時でも帰れるし、あ、でもまだホテル決めてないんだ?じゃあ繁華街にいこうか?」

って結局、有名繁華街のパーキングに車を止めて、近くの居酒屋に入る事に。

彼女「こんな時間じゃもう飲みたいんでしょ?」

自分「もうなんでもいいよ・・・でも○○さん飲めないじゃん、あ、でもそんな飲むほうじゃないしね?」

彼女「うん、車だし、本当にそんなに飲めないもん」

というわけで、飲まない彼女と一緒に居酒屋で2時間ほど話込んでました。

夕方からずっと話っぱなしなのに話題も尽きる事無く、私が酒が入ってる事もあって、ちょっとした仕事の愚痴や将来の不安など弱い部分を見せていても、やさしく話を聞いてくれていました。

時計も12時を回り、

自分「あれ?ごめん随分遅くなっちゃった・・・帰り大丈夫?」

って言うと

彼女「飲んでないし、全然平気~」

って酔い冷ましに繁華街をもう少し散歩しながら、

自分「酒は飲んでないけど、帰りに1時間ちょっとかかるんでしょ?大変じゃん」

「まだ話もしたいから一緒にいない?」

って聞くと、

彼女「うーん、そうだね~あれ?ホテルは?まだ決めてないでしょ?」

自分「そうだった!んじゃホテル空いてたら?」

彼女「あ、そしたら私も飲む~まだ話足りないもんね」

って、近くのホテルでツインを聞いたら部屋は空いていてチェックイン。

コンビニでビール、焼酎、つまみを買い込み、彼女とホテルに入りました。

やましい気持ちが無いといったら嘘ですが、楽しく飲んで話できるだけでも・・・

と思っていたのも本当です。

彼女「仕事疲れでしょ?シャワー先にどうぞ」

ち・ちょっとシャワーしちゃったら・・・

って思いながらも、とりあえずシャワーを。

私が出ると彼女が私もってシャワー・・・

さっぱりしたところでやっと乾杯。

彼女もお酒が入り、さっきよりもっとつ突っ込んだ話や、また愚痴を聞きあったりしていました。

昔からそんなに飲めないはずの彼女がけっこうな量を飲んでいる・・・

彼女「あは~なんだか私、すごく飲んでる~ちょっと酔っ払い~」

私も居酒屋からの飲み続けで、けっこう酔っ払いに、仕事の愚痴でついつい涙がこぼれて彼女に話をしてると彼女が急に抱きついてきました。

反射的に抱き締めかえす私・・・

彼女「大丈夫・・頑張って・・。○○君の事ならなんでもわかるよ・・・でもね・・・今日は楽しもう・・・」

その言葉にもう今まで彼女に対して抑えていた理性が・・・

彼女に唇を重ねベットに倒れこみ、シャツのボタンを外し小振りな胸を揉みながら初めて見る彼女の肌をいとおしむように触りつづけました。

お互いもういい年齢です。

ただ二人がそういう関係になっていなかっただけで・・・

ブラを外し、これまた初めて見る乳首に舌を這わせてみる・・・

「あぁ・・・」

押し殺すような声を出す彼女、下着を脱がし手をあそこにやってみると、彼女は愛撫の必要のないくらい、もうすっかり濡れた状態・・・

恥かしがる彼女の足をひろげて、今までに無い感情であそこを見つめる・・・

何もいわずに舌を這わせてみる・・・

「あ・・・気持ちいい・・・」

あいかわらず押し殺すような声だけど汗ばむ背中と肌が充分感じている事を理解させてくれる。

今までの長い年月を埋めようと、彼女の全身に舌を這わせ、長い時間愛撫を続けました。

ビジネスホテルなのでゴムの用意なんてありません。

「さっきお酒と一緒に買っておけばよかったね」

って言いながらなんの躊躇いもなく生で挿入・・・

少し狭い感じもしたけど、溢れるような濡れ具合にスムースに・・・

ゆっくり堪能するように腰を動かし続けていると

「あっ・・・はぁ・・・いく・・・」

長い愛撫と指、舌での前戯にすぐに絶頂を向えたよう・・・

あいかわらず飲みすぎると遅漏気味の私、しかも生なのが気になっていけない・・・

一度抜いて、抱き合いながら今までの時間を二人で思い起こしていました。

時間はもう夜中の三時、すこしまどろんでみたりしてたんですが、裸で抱き合っている状態。

彼女の体を弄ると反応を始めます。

一回目はそれは童貞と処女のように普通にしたんですが、二回目からはどちらからともなく積極的に・・・

彼女「せっかくだから楽しもう?メチャクチャにして・・・」

今度は私だけの愛撫じゃなく彼女も私の物を手に取り、舌を這わせて、先を舌で舐めながら咥えこむ・・・

しかも奥まで。

私「あぁ、けっこう上手だね・・・」

彼女「ん?あんまり言われた事ないよ?相手が○○君だからじゃない?」

そう言いながら微笑む彼女・・・

丁寧な舌使いに、そう感じるんだろうか・・・

彼女「今度は私が上になるね・・・」

咥えて大きくなった物に手を添えて、自分から上に乗り挿入・・・

またまたびしょ濡れの状態なのですっかり奥まで・・・

最初は自分のペースで腰を動かす彼女・・・

「はぁ~いい・・・しばらくしてなかったのに・・・すごく感じる・・・」

今度は恩返しに、

自分「俺のだから感じるんじゃない?」

って冗談もいえるくらいに溶け合いながら夢中で腰を持っていました。

彼女が私の上で小刻みに身震いをはじめ、

彼女「また・・・いきそぅ・・・・」

という言葉に私も下から腰を突き上げる・・・

大きく腰を突き上げると2度目の絶頂・・・

私に覆い被さるように倒れこんできました。

彼女の体を抱きかかえ、キスを・・・舌を絡めあいながら強く抱き締めていました。

あいかわらずイケナイ私・・・

抜いた後に少し治まってきた私の物に彼女の唇が・・・

ベットに腰かける私の目の前に跪き奉仕するようなフェラ・・・

イケナイ代わりにすぐに大きくなる・・・

彼女をベットに戻して、今度はバックから・・・

彼女もあいかわらず、ずっと濡れ濡れの状態。

顔は枕に押し付け、お尻だけ高くあげてバックから挿入

彼女「・・私、あんまり声出さないから・・・つまんないでしょ・・?」

確かに押し殺すような喘ぎ声しか漏らさないけど、前述のように額や背中、汗ばむ肌が充分に感じてる様子は手に取るようにわかる。

そう言うと

彼女「うん、、すっごく感じてる・・・初めてかも・・」

彼女「もっと、狂わせて・・・うぅ・・・」

バックから強く深く腰を振りつづけ彼女がいくのを見届けました。

そんな状態をずっと・・・

途中萎えてた時には彼女を責め続け、汐まで吹いてしまう彼女・・・

挿入していなくても、ずっと弄りあっていました。

しかし途中インターバルの時に、切なそうに私の胸に唇を当てる彼女・・・

気がつけば、時計はもう朝の8時でした。

裸で抱き合いながら、

彼女「あ、もう飛行機の時間だね・・・」

自分「あはは、結局寝なかったね・・・」

彼女はシャワーを浴びにバスルームへ。私は時間を見ながら洋服を着る。

彼女「空港まで送っていくよ?」

自分「あ、ありがとう、ごめんね~」

彼女の車に乗り込み空港までの短い時間を不思議な気持ちでいました。

車を降りて、見送りは無しでそのままお別れ・・・

無事帰りつき、携帯からメールをすると

「逢えて良かった。楽しい時間をありがとう」

っていう返信・・・

あえて、それから連絡はとっていません。

今までと同じ、年に一度連絡を取り合う仲に自然に戻り、いや、戻ったのかどうかはわかりませんが・・・

またまた泥酔持ち帰りじゃなく、帰らせない話ですが、ちょっと切ない淡く切ない想い出の相手との事でした。

だらだらと長文、しかもHな部分も文章がうまくなくてすいません。

書き溜めしてる最中もスレにカキコしてる最中もちょっと胸にぐっと来るものがありつつ・・・

美味しい思いをしたって言うより、なんだかね・・・

また全然違うシチュの話があったら報告しますねー

(まぁ、中々無いだろうがw)

駄文にお付き合い、ありがとうさんでしたー