男慣れしてなさそうな美人の先輩とサシ飲みしてお持ち帰り

閲覧数:33 ビュー 文字数:2525 いいね数:0 0件

今回の「酔った時のエッチ体験談」は、ヒロユキさん(24歳 男性 東京都 会社員)からの投稿です。

会社の女性の先輩と飲みに行くことになったヒロユキさん。
最初は居酒屋で飲んでいた二人ですが、ヒロユキさんがバーに誘い店を移動します。
バーで飲んでいるといい雰囲気になってきた二人。
このまま彼女を誘えばいけるかも…?と思っていた矢先、なんと彼女の方からヒロユキの自宅に行きたいと願ってもないお誘いが。

酔った時のエッチ体験談
会社で美人と評判の先輩と飲みに行き彼女をお持ち帰り

私は現在24歳の独身サラリーマンですが、先日4歳の年上の先輩と一緒に飲みに行って思わぬ展開になってしまいました。

その日私と先輩は名古屋に出張しましたが、東京に帰ってきたのが夜の7時頃だったので、「軽く食事を済ませて帰ろう」ということになりました。
 
我々は品川駅近くのちょっと高級な居酒屋に行って、食事をしながら飲んでいました。

ちなみにその先輩と私はあまり親しいというわけではなく、どんな人なのかあまりよく知りませんでした。

彼女は結構美人なんですが、とても真面目であまり男性慣れしていないような女性です。

でも体型は私好みのムッチリでおっぱいも大きめで、「真面目な雰囲気だけれどセックスは多分情熱的なんだろうなあ・・・」とか思っていました。

いい雰囲気になっていたところ彼女の方から自宅に行きたいとお誘いが…

彼女はよく話すような性格ではありませんが、お酒が入ると結構よく話してかなり盛り上がりました。

そこで、「近くにバーがありますので、もう一軒行きますか?」と誘ってみるとOKだったので、近くのちょっと雰囲気が良いバーにいきました。

そこで私はウイスキーを飲んで、彼女はカクテルを飲んでいましたが、だんだん雰囲気が良くなってきて「このまま誘ったらうまくいくかも・・・」とか思ったりしました。

でも同じ会社なのでそれはさすがにまずいと思って思いとどまりました。

でも彼女の方から「なんだかいい雰囲気になってきたね・・・」と言いだし、私も「そうですね」といいながら心の中では「これはいけるかも・・・」と思っていました。

そして彼女が「○○くん(←私の名前)の家に行きたいなあ・・・」と言い始めたんです。

こんな真面目な彼女からこんなことを言い出すなんて意外でしたが、私も考えることなく「行きましょう」と言って、私の自宅に向かいました。

想像以上にエッチな身体をしていた彼女に興奮

部屋に着くと少しまったりしていましたが、私からキスをしてみると彼女も嫌がることなく舌を入れてきたので、ディープキスになりました。

ここでおっぱいを遠慮なく触ってみると「うぅ~ン」といいながら感じているようでしたので、ブラウスのボタンを外してブラの中に手を入れて、乳首を触ってみると感じているようでした。

彼女が服を脱ぐと大きめのおっぱいが現れましたが、肉付きもほどよくまさに私好みという感じで、私のアソコもだんだん反応してきました。

ここで彼女のストッキングを脱がせて、パンティの中に手を入れてみるとかなり濡れていました。

さらに毛が濃いらしく、ジョリジョリした感じがあり、さらに興奮を誘いました。
 
続いて私も裸になりましたが、この時点ではアソコはすでにビンビンでしたが、彼女がシコシコしてくれました。

すると結構酔っ払っているからかすぐに逝きそうになりこれはやばいと思い、慌ててコンドームを装着して正常位で挿入しました。

腰をフリフリしながら、彼女のアソコを見ようとしましたが、それは恥ずかしいらしく手で隠していました。

でも、大きなおっぱいがゆらゆら揺れて、ちょっとお肉が付いた腰回りを見ながら、自分の腰をフリフリしているとすぐに逝きそうになり、どぴゅっと発射して気持ち良くフィニッシュしました。

酔いが冷めた状態で改めてセックスで結ばれた二人

その日は彼女が私の自宅に泊まり、翌朝を迎えました。

こんな経験は彼女も初めてらしく、彼女はかなり恥ずかしそうにしていましたが、一緒に朝食を食べていると、だんだんリラックスしてきました。

ここで私の方から「もう一回しない??」と誘ってみると彼女も恥ずかしそうにOKしてくれました。

そして彼女の方から「一緒にお風呂入ろうよ」と言ってくれたので、一緒に湯船につかりました。

そして、その時彼女は恥ずかしがっていましたが、アソコをじっくり見てみました。

アンダーヘアは確かに濃い目で、割れ目やお尻の方まで毛が生えていました。

真面目そうな彼女がこんなエロい体をしているなんて、と思うとすぐにアソコがビンビンになっちゃいました。

その後は、再びベッドに言ってセックスを楽しみました。

彼女は恥ずかしがっていましたが、脚を大きく開かせてクンニしてみると、最初は恥ずかしがっていましたが、すぐにいやらしいあえぎ声で感じていました。

そして彼女にフェラをしてもらってから、正常位で挿入してみました。

このときは明るかったので、彼女のおっぱいやアンダーヘアもよく見えて、感じている表情も分かりました。

また彼女は全く演技しないらしくそれも逆に興奮を誘い、気持ち良くフィニッシュしました。

それ以降私達は付き合っています。

ヒロユキさん、体験談投稿ありがとう。
お酒が入ると普段とは違う一面を見せてくれる女性は多い。
そういうギャップに男はグッっとくるものだ。
男慣れしていない雰囲気も、お酒という言い訳があればすぐに脱ぎ捨てることが出来る。
その女性の先輩はかなりの策士だろう。
尻に敷かれないように気をつけて欲しい。