弱ってた人妻を…

閲覧数:269 ビュー 文字数:1922 いいね数:0 0件

まず初めに、これはネタじゃなくてマジ話ね。

同じ部署に前から狙ってる女が居た。

俺だけじゃなくて、かなり多くの男が狙ってた。

そいつが、かなりの美形だから。

沖縄出身で、ウェーブのかかったセミロングの髪に目鼻のくっきりした顔立ち

ちょうど比嘉愛未という女優のような顔してた。

だけど、そいつは外資系の証券マンと結婚して幸せそうだった。

だから、飲みに誘っても誰も成功しなかった。

ところが先日、2人で残業しながら、冗談っぽく「疲れたから、飯行かない?」と誘うと、なんとOKだった。

速攻でイタ飯屋予約した。

ワイン片手に仕事の話で花を咲かせていると夫が鬱病で会社を辞めたと愚痴を言い始めた。

この後は案外簡単だった。

愚痴を真剣に聞きながら、適度に頷いたり質問したりしながら、ワインを追加して、飲ませていった。

彼女「家に帰っても落ち着かない。」「休まらない」といったことを何回も言ってた。

店を出る頃には、べろんべろんになってた。

タクシー呼んでラブホに入っても、まだべろんべろん。

部屋まで行く時、独りで歩けないから抱き抱えると、夫と勘違いしてる感じだった。

だから、廊下だったけど、試しに胸揉んでキスしたら、舌絡めてくる。

よれよれになりながら、部屋に入って、綺麗な顔見ながら、スカートめくり。

太腿に頬ずりしてから、股間に鼻を付けてクンクン香りを楽しむ。

スカートをきちんと腰までめくってから、ストッキングとパンツ一緒に降ろして抜き取り、そして、いよいよ、ご開帳。

ここまでしても、彼女、酔っ払って何がなんだか分からない感じ。

目は閉じてたけど、股は大開き。

ラブホの明かりが暗かったので懐中電灯で股ぐらを照らしながら、ひたすら手マンすると、知らない男の名前(たぶん旦那の名前)を呼びながら逝きまくった。

マンコが泡吹いてる姿をこっそり、携帯でパシャっとやる。

今度は、おっぱいも拝んでみたくなって、シャツのボタン丁寧に外してブラジャーをペロンとまくると、かわいいおっぱいがこんにちわ!と顔を出した。

思ってたより小さかった上に、乳輪が大きく白っぽい色してた。

思わず、これもパシャっと携帯で1枚、整った顔もおっぱいと一緒にパシャっともう1枚。

その後は、なんとなくスカートだけ履いてて変だったので、丁寧にスカートも抜き取って、完全な素っ裸、オールヌード。

ここでパシャっと1枚撮ったら、彼女ううんと身もだえして、体の向きを変えた。

この時ワキが全開になったのでクンクンとワキに鼻をつけると、思わぬ発見が!

彼女、綺麗な顔して、軽いワキガだった。

自分の発見に感動して、思わずワキ舐め、もう啜るようにワキ舐め。

ワキのついでに全身舐めてると、彼女、やっと正気になって「あ、あれ?」とか言ってる。

耳元で孔明が天の時ですと言ったような気がした。

俺は、この瞬間を待っていたぜ!と脚の間に割り入って、濡れそぼったマンコへチンコをあてがって、ズドンと1発。

きちんと意識のある会社一の美女、憧れのあの子にハメハメ。

「え?何?」とか言っていたのが、突きまくってると「ああん、ああん」首振り出した。

正常位で突いて、逝きそうになってきたので、体を抱きかかえる様に体位を変えてまた突きまくり、手入れの行き届いたセミロングの髪振り乱してる顔を見てると舐めたくなったので、ペロンと整った顔に俺のコケの生えた舌を這わせながら中田氏フィニッシュを決めようと思ったが、さすがにヤバイので、直前で抜いてみんなが憧れる、あの顔の上にフィニッシュ!

終わった直後は、グッタリと余韻に浸っていた彼女だったがすぐに我に返って、朦朧とする頭を振りながら「え?何?え?」と起き上がって自分の体を確認して、素っ裸で俺の唾液まみれのことに気づく。

そして、顔には俺の精液がびっちょりと。

「え?嘘、嫌だ、いやあーーー」と狂ったように泣き出した。

俺は若干慌てたけど、冷静を装って「帰りたくないって、暴れるから・・・」と彼女がいかに酒乱だったか、俺を無理やり帰らせなかったこと、俺を押し倒してキスしてきたことなど嘘八百並べた。

ダメ押しに、「かなりストレス溜まってたみたいだね。ご主人鬱病心配だね」というと簡単に信じてくれた。

今は会社で颯爽としている彼女眺めながら、携帯画像の素っ裸を見て、悦に入っている。