飲み会でお持ち帰り

閲覧数:49 ビュー 文字数:2220 いいね数:0 0件

この体験談は21歳以上の閲覧制限がかけられています。20歳以下の方はブラウザのバックボタンでお戻りください。

これは去年の夏の話なんだけど、友達のメル友が女友達連れてきたんだ。

今度飲みやろうって話でその場は終わった。

んでその後日。

男5対女3で俺の店(つーか親父がやってるスナック)で飲み会やったわけね。

一応店長やってたから他の客のこと見ながら、その飲み会に参加してました。

店閉めても飲み会が続いてて、みんなかなり酔ってました。

店閉めてから1時間くらいしたら、一人の女(これからS)俺んとこ寄ってきたのね。

俺「酔った?」

S「うん。。。ちょっと」

会話はこんな感じだったけど、俺の近くを離れようとしなかった。

状況としては俺が体育座りしてるところに前からSがもたれかかってる状態(わかるかな?)

「これは大丈夫かな?」

って思って、もたれかかってきてるSの胸触ってみたのよ。

そしたら、抵抗もしないで俺の顔みて

「ニコッ」

って笑ったんだ。←ここで確信。

でも、その日は飲み会朝まで続いたんで結局何もできなかった。

その日のうちに番号とメアド交換して、次の日夜店あるから行かないって誘ったらOK。

5、6人くらいで夜店行って学校の校庭のところで飲んだんだ。

んで、1時、2時あたりにそろそろ帰ろうかと言ったら、

S「・・・」

ってな感じだったんで、酔ってるのかなと思い、俺も冗談(結構マジだったかもw)で

俺「じゃ~、俺ん家くる?」

って言ったら無言でうなずいた。

「よっしゃ~!」

って心の中では思いながらも、平然を装って家に向かいました。

Sは酔ってたせいかまっすぐにベットに転がりました。

俺も着替えてベットに並んで横になりました。

で、いろいろ話してて、30分くらいたったらお互い無言になったんだよね。

Sが仰向け、俺がうつ伏せの状態で並んでる状態。

その状態でいきなりSが俺のほっぺにキスしてきたんだ。

俺は

「へっ?」

ってな感じでSの方みたら、毛布から目だけ出した状態で照れながら小さく

「・・・しようよ・・・」

って言われて、俺の理性は切れました。

最初は軽いキスから始まって次にディープ。

Sは制服だったんで、ブラウスのボタンをキスしならが一つ一つはずしていった。

で青色のブラが見えて、ホックだけはずして上にずりあげた。

おろ?

っと見てびっくり。

着やせするのか意外におっぱいは大きかった。

ちょうど手に収まる感じで形もよかったです。

おっぱいを揉みながらパンツの中に手をいれてみると、もう下の方は大洪水。

びっくりしながらも手マンしていると、

S「ん・・・んっ・・・」

っと徐々に声を漏らしはじめた。

キスした後、手マンを強めて、

俺「・・・ほしい?」

って聞いたら、

S「あんんっ・・・うんっ」

って言ったんで、息子をみるともうギンギン。

フェラも早々に入れました。

「んっ、んっ、んっ・・・」

とあまり声を出さないのか、我慢してるのか結構静かだったんで、

俺「そういえば、隣に両親寝てんだよねぇ・・・」

っとボソッといいながら速度を上げると、

S「んっ、えっ?・・・やっ、んんっ、だめぇ・・・」

とちょっと大きめの声が出たので、Sの口を押さえて苦笑。

本当に両親が寝てるんでばれたらやばいし、見られるのは嫌だったんでね。

で、体制を変え、バックの状態にして、動いていると

あれっ?

って思って動くのをやめたら、

S「んっ、んっ、あっ、んんっ」

ってあえぎながらSは自分でも動いていた。

俺「こいつ、エロイなぁ・・・」

って思いながら、再開しました。

そろそろ限界かなと思ったので、

俺「そろそろイクよ・・・どこ出せばいい?」

S「あぁっ・・・あたしも・・んっ・・・中以外なら・・・いいよ」

俺「わかった」

最後のラストスパートといわんばかりに速度を上げました。

俺「うぉぉぉ・・・マッハ5~」←馬鹿丸出し

S「あぁぁぁっ・・・んっ・・・やだっ(笑)・・あっ・・あぁぁぁぁぁぁぁっ」

中以外ならいいっていってたんで、飲ませようと思い、抜いたら息子が誤爆。

そのまま尻にかかりました。

そのまま2回戦しようと思ったけど、動いたせいか酔いが回ってふらふらに。

俺「寝よっか・・・」

S「うん・・・」

そのまま腕枕した状態で眠りにつきました。

後日(つーか次の日)聞いたところ、一番最初に会った時から気になってたんだそうです。

「んじゃ~付き合う?」

ってことで付き合ったんですが、1ヵ月後に

「やっぱ前彼のこと忘れらんない」

って言われて別れました。

前の日まで今度海に行こうとか話してたのに・・・。

女○高生はよくわかりませんねぇ・・・。

それでも、後悔してるのか電話番号はしっかり残ってます。

電話はぜんぜんかけてませんけど・・・

こんな感じです。

文章下手ですみません。

当作品は、個人による創作(フィクション)作品とご理解の上鑑賞ください。当作品には、犯罪的・倫理モラルに反する表現・タブー表現等が含まれますが、表現上の誇張としてご理解ください。くれぐれも当作品の内容を真似しないようご注意願います。