バイト仲間の女の子

閲覧数:39 ビュー 文字数:5027 いいね数:0 0件

初めての一人暮しをした時の話。

一人暮しができるってんで喜んでバイト仲間に言いふらした俺。

そしたらバイト仲間でも親しい連中が一人暮しを祝ってくれるってことで飲みに誘ってきた。

でも一人暮しでどれくらい使うかわからないから、あまり金は使いたくない。

むしろ飲まずに働いてたほうがいいので休みがめったにない。

そしたら俺の休みにあわせて3人が休みを取った。

女は同い年の薫(仮名)と1つ上のゆり(仮名)の2人。

1つ下の男の後輩、A。

他に1人ほど同い年のB(♂)がいるけどそいつは休み取れなかったのでいない。

バイト先で良く一緒にいるのが上のメンバーと俺も含めた5人。

だけど飲みに行く機会はあまり無くて2~3回一緒に軽く飲んだ程度。

18時前後に駅前に集まって4人で居酒屋へ。

給料日前のせいか混んでなく、小上がりに通された。

「小上がりで飲むの久しぶりだー」

なんてゆりが言ってたけど、俺の脳内は財布の中身。

一応2万くらい入れてたけど、あまり使いたくないのが正直なところ。

頼むからすぐに終わってくれと祈る脳内。

「Hの一人暮しにかんぱーい!」

ゆりの音頭でビールで乾杯する俺ら。

どの仲間内でも変わらないと思うけど、酒飲みながらだらだらと話し始める。

居酒屋の店員の対応に文句を言ったり、店長が休みくれない、とか取り留めのない話が1時間くらい。

しばらくして薫とゆりが連れションに行った。

「Hさん、薫さん見ました?」

何やらニヤけながらA。

「何が?」

「薫さんの格好スよ。生足ッスよ生足!」

主に会計のことで頭がいっぱいだったが、Aの顔が赤くなっているのに初めて気付く。

「やっぱ生足はいいッスよね~」

5人の中で1番マジメかと思っていたAが酔った勢いで崩壊。

どうやらかなりの足フェチらしく独自の生足論を展開。

「お前大丈夫か、顔真っ赤だぞ?」

「大丈夫ッスよ。酔った内に入りませんよ。それよりストッキングは邪道だt(ry」

そんなやり取りをしてるうちに2人が戻って来たので生足論終了。

改めて見てみると薫もゆりも珍しくスカートをはいている。

店では店のTシャツに黒のズボンが制服だから結構新鮮。

生足>今日の会計

と俺の脳内でトップの座を占めていた今日の会計が転落する。

意識したせいかどうかしらんが勃ち始める息子。

考えてみれば一人暮しに浮かれて、ここしばらくご無沙汰。

なるほど、それで勃つのかと納得したところでどうしようもない。

ここは開き直って勃起しっぱなしで飲もうと腹を括る。

「ヤベ!」

マターリした空気を壊したのはAだった。

「明日1講目からあるんだった!すいませんけど帰ります!」

一同(゚д゚)ポカーンなまま、1万円置いて帰ったA。

「薫ちゃんは学校ないの?」

とゆり。

この中ではゆりだけがフリーター。

「大丈夫。明日は昼から1時間だけ。Hは?」

「あるけどメンドいからサボる」

「じゃあまだ大丈夫ねー」

ゆり

A○薫

今までは↑に座ってたのがゆりが移動し、

ゆり○薫

という両手に花に。

バイト先の中華料理屋は結構レベルの高い方で、一緒に飲んでる2人も上。

薫は背の小さい可愛いタイプ。

たまにベルトし忘れて、しゃがんだ時に腰パン?が見える時もあったりする。

ゆりはきれいなタイプ。

何といっても巨乳。

店の中でも1、2を争うと思われる。

恥ずかしながら2人とも夜のおかずにさせてもらったことがある。

無防備な薫と巨乳のゆり。

いつのまにか息子は幸いにもおさまってた息子も再び活動を開始する。

「そろそろ帰らない?」

薫に言われて時間を見ると23時過ぎ。

会計もAが1万置いていったおかげでそんなに払わなくて済んだ。

店を出たものの、なんだか危なっかしい2人。

俺も結構きてたが、2人ほどじゃない。

出る時に薫は座って靴をはいたのだが、大股開きでパンツが見えたのもわかってない様子。

ちなみに水色でした。

俺もだろうけど、2人とも顔は真っ赤。

かなり酔いが回っている。

もしかしたら、に期待する俺。

「あたし電車で帰るねー」

と千鳥足で駅に向かったゆり。

「薫はどうする?送ろうか?」

なるべく下心を隠して訊いたのだが、

「んー、ちょっと待って」

と電話を始める。

友達のところに泊まるから~って電話だと思ったが、

「あ、お姉ちゃん?今駅前にいるんだけど――」

姉に迎えにきてもらうらしい。

かなりガッカリしたが、無理強いはできない性分を恨めしく思いつつ、俺も帰ることに。

家に帰る前に小便をしておこうとトイレを探す。

実は飲んでる間中トイレに行きたかったが、勃起してたので1度もトイレに行ってない。

ここから近いのが駅のトイレなので、駅に。

トイレで用を足し、スッキリしたところ、駅員さんが誰かを起こしてる。

酔いつぶれたオヤジか…なんて思って通り過ぎようとしたが、良く見れば起こされてるのはゆり。

どうやら途中で力尽きたらしい。

駅員さんと一緒にゆりを起こす俺。

だが、一向に起きる気配は無い。

「あー、じゃあ俺、家知ってるんで送りますよ」

駅員にこの言葉が言えた当時の俺に乾杯。

ゆりを抱えて駅を出る俺。

駅員にああ言ったものの、実はゆりの家を知らない。

俺の家に泊めてやるにしても、家までは電車を使う必要がある。

ここでまた駅に戻ったらマヌケだなと言い訳して、右手でゆりのオッパイの感触を楽しむ。

久々の女の感触(;´Д`)ハァハァ

20分ほど歩いたがさすがに限界だったのでタクシーを使う。

家に着いてとりあえずゆりをベッドに寝かせる。

やっぱり起きる気配は一向に無い。

駅で連れて帰ろうとした時はスケベ心はなかったのだが、帰るまでの間でスケベ心と息子が力を取り戻した。

全裸になってからゆりの上にまたがってボタンを外し、白のブラとご対面。

一気にむしゃぶりつきたい衝動をむりやり押さえ込み、ゆりを横にしてブラのホックを外し、仰向けに戻す。

デタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!

それまでBやCカップまでは見たことがあるが、Eカップは初めての体験。

今でも時々おかずにさせてもらっている。

染み1つない肌に、きれいな乳首。

乳頭も大きすぎず小さすぎず。

半ば我を忘れて口に咥え、吸いながら揉んだ。

ある程度揉んだ後で、今度はスカート。

ゆったりとしたスカートだったので、潜りこんでみる。

薫も生足だったが、ゆりも生足だったことに初めて気付いた。

意識は薫の足に飛んでいたので見逃していたらしい。

ブラとお揃いなのかどうかわからないが、パンツも白。

パンツの上から下でスジをなぞると、急に脚が閉じ始めた。

意図したわけじゃないが、俺の顔はゆりの太ももに挟み込まれる形となった。

硬直する俺。心臓がバクバク言ってるのがわかる。

スカートの中から出て、ゆりが寝ていることを確認。

これ以上は機を逃すかもしれないと、あせりながらスカートとパンツを一緒に脱がす。

手入れしているらしく、陰毛は意外に整っていた。

この時すでに息子はギンギン。

これ以上我慢できる状態じゃなかった。

何とか濡らそうとクンニ開始。

2、3分でどうにか入れてもよさげになったところで、ゴムが無いことを思い出した。

さすがにためらったが、口を半開きで開けて寝るゆりを見て理性崩壊。

生挿入。

ついでだから告白するが、これが初めての生。

久々のセックスに加え、生挿入。

腰振る前に出そうになった。

中はちょっときつめだったけど、そんなことはどうでもよかった。

動くと出そうなので、多少落ち着くまで入れたまま。

ゆっくりとピストン開始。

生の気持ちいいこと。

ゴムありと大した違いはないって人はいるだろうけど、全然違う。

生挿入の響きに酔ってるだけかもしれないが、ギンギンというかガチガチ。

オッパイをいじりながらだから、息子は言うこと聞かない。

外に出せばいいやと、ピストン開始。

「ん…」

何回目かでゆりが声をあげた。

その時の俺は、童貞だったころよりタチが悪い、ただのバカ。

ゆりが感じて、

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!

とは俺の脳内。

まさか目覚めるとは思いもしなかった。

ちょっときつめだった膣がさらにきつくなる。

パニックになったのはゆりよりも俺の方じゃないだろうか。

「いやいやいやいや…まあまあ…」

何を言ってるのか自分でも良くわからない。

起きたゆりをなだめようとしているのかなんなのか。

「え?え?」

「いやあのその…」

ベッドで2人で混乱してる様は他人が見ればおもしろかったと思う。

そのまま強引にという考えは出てこず、まずは息子を抜かないと、と考えた俺。

さすがに萎えた息子を多少はゆるくなったマンコから抜いた。

「ごめん!」

ゆりが何か言う前に切り出した俺。

「ムラムラしてつい…ホントにごめん!!」

ベッドの上で土下座し、状況説明を始める。

駅で潰れてたゆりを家まで運んで、勃ったので脱がしてセックス…。

たったこれだけのことなのに5分くらいかけてしどろもどろで説明した。

その間、ゆりは驚いた顔で聞いていたが、俺が説明し終えると、

「駅で切符買ったのまでは覚えてるけど…」

その後駅で寝て、俺に抱えられるのは全く記憶にないと言う。

「それでもごめん!」

ひたすら謝りつづける俺。こんなに謝ったのはガキの頃以来だったと思う。

「コンドーム、まだある?」

そう言われたのは、ごめんを50回は言ってから。

「へ?」

「続きしない?」

ちょっと照れたようにゆりが言う。

「い、いいの!?」

思った以上に大きな声を上げる俺に、うんと頷くゆり。

で、再度始めることになった。

「でもゴムないんだけど」

という俺に対し、

「あたしの鞄に入ってるからそれ使お」

というわけで、ゴムの提供はゆり。

今度はちゃんとゴムを装着し、第2戦開始。

ディープキスの後はやはり巨乳へ。

右手でクリ、左手で乳首をいじってるとあっという間に挿入準備は完了。

ゆりの脚を軽く開き、息子をあてがい、半分ほど入れてからゆりを見る。

「ホントにいいの?」

「ん」

可愛い声で返事するゆり。

怒張という表現がぴたりと当てはまる息子を奥まで突き入れた。

「あっ!」

今度はさっきよりも早く腰を振る。

というより、ゆりのあえぎ声に合わせた形でのピストン。

もう何も考えられなくなり、ただ腰を振り続けた。

正直、どんな声を上げてたかとか、表情とかは覚えてない。

ぎりぎりまで粘るに粘ってようやく終了。

「薫ちゃん達には内緒ね」

そんな約束を交わし、ゆりは家に泊まることになった。

翌朝、朝1でゴム買いにコンビニまで走る二日酔いの俺がいた。

泥酔女友達の持ちかえりの話はこれで終了です。

待っててくれた方、遅くなって本当に申し訳ないです。