友達がお持ち帰りしてきた年上女

閲覧数:62 ビュー 文字数:8108 いいね数:0 0件

去年の夏の話しをちょっと書いてみます。

話しの構成は実際にあった通りですが、セリフとか細かいとこは、記憶が曖昧になってるかもしれないんで、多少、脚色ありかもしれません。

俺の借りてる部屋が繁華街に近いとこにあって、仲間内の溜まり場みたいになってて、飲みに出た連中が泊まりに来たりってことがしょっちゅうあるんです。

あの日も、そんな感じで夜中にインターホンが鳴ったんでドアを開けました。

ドアの前に立ってたのは、俺の友達2人と見たこと無い女の人が一人。

女の人はかなり酔ってるらしく、両脇を友達2人に抱えられている。

「あのさぁ、悪いんだけど、この人寝かしといて。」

「寝かしとけって、誰だよこの人?」

「さっき知り合ったんだけどさぁ、こんな状態だし。な、頼む!」

「頼むって言われても、知らない人間なんて預かれないぞ。」

「あとで絶対迎えにくるから!」

との言葉と、泥酔状態の女を残し、友達2人は仲間の元へと帰っていきました。

その女の人は立ってられないらしく、うちの玄関先に体を投げ出して、こっちを見ている。

「おいおいマジかよぉ・・・。誰だよこれ~?」

とか思いながらも、玄関に放っておくわけにもいかず、とりあえず声を掛けてみた。

「あの~、大丈夫ですか~?」

「あはは~、平気、平気。」

平気、平気って、あんた立てないじゃん・・・。

「ここじゃ、あれなんで、とりあえず入ります?」

彼女を抱き起こして部屋の中に連れて行く。

「あ~、ココ、ココ。」

俺のベッドに横になる彼女。

お~い、今日シーツ替えたばっかりだぞぉ・・・。

「ところでさぁ、君だれ?」

それはこっちのセリフだよっ!と思いつつ自己紹介。

「で、ここはどこですかぁ~?」

「俺の部屋ですけど。」

「あ、そう。まぁいいや。あははは~。」

なにが、あはははだよ、この酔っ払い女めっ!

「とりあえず、あいつらが迎えに来るらしいんで、それまでおとなしく寝ててくださいねっ。」

「あいあい、了解です!」

「俺も寝ますから。気持ち悪くなったらトイレ行ってくださいよ。」

と彼女に言って、押入れから寝袋を取り出してもぐりこむ。

なんで俺が寝袋なんだよ・・・。

この時点では、半分切れ気味な俺。

寝袋に入ったものの、気が立ってなんか眠れず。

彼女はいつの間にか寝息を立てて寝ている。

少し時間が経つと、なんとなく腹立ちもおさまってきた。

「俺らより年上だよな~。OLさんかな?彼氏とかいないんかねぇ。」

などと考えながらぼんやり。

ふむふむ、よく見ると結構かわいいかも。

高田真由子をちょっとスリムにした感じだな。

しかし、飲みすぎだよな・・・。

朝になったら少しは冷静になってるかな。

脱がすとか、襲うとかいう気はまったく無く、とにかく、面倒を押し付けられたという気持ちだけだったので、

「早く朝にならんかな~」

と思いながらいつの間にか俺も寝てました。

人の気配がして目が覚めると、すでに彼女が起き出していて部屋のテレビを見ていた。

「あのぉ、おはようございます。」

と俺。

「おはよ。」

と彼女。

なんか爽やかなお目覚めですね・・・。

「えっとさぁ、君だれかな?」

「ええ~、覚えてないんですか?」

「うん、ぜんぜん・・・。」

あちゃ、この人なんも覚えてないよ・・・。

と思いつつ、再び自己紹介と、ことの経緯を説明する。

「そっか~、居酒屋で男の子たちに声かけられて、みんなで飲んでたとこまでは記憶があるんだけどなぁ。」

「で、あなたはどなた?」

そこから彼女の自己紹介。

年齢は26才。

住んでるところは、俺の近くの駅から3駅目。

やはりOLをしているらしい。

彼氏ナシ。

というか最近別れたらしく、昨夜は友達を誘って愚痴を聞いてもらってたらしい。

「まぁ飲みすぎですよ。」

「そうだねぇ。えへへ。」

小一時間説教してやりたい気分だったけど、彼女も反省してるみたいだし、とりあえず世間話をする。

30分ほど経ったころだったかな。

「あのさ、シャワー借りていい?体中からお酒の匂いがして、気持ち悪くって・・・。」

と彼女。

「昨夜の宿賃代わりに覗きますよ?」

「見られても減るもんじゃなし、ご自由にどうぞwなんだったら、一緒に入る?」

「い、いや、いいですよ・・・。覗きませんからどうぞ。」

彼女にバスタオルを渡して、風呂場に連れて行く。

しかし、知らない男の部屋でシャワーなんて、どういう神経してるんかねぇ・・・。

シャーシャーというシャワーの音を聞きつつ、

「年下だと思ってなめられてるんか?お姉さん、俺だって男ですよ?その気になれば、ムフフ・・・。」

と軽く妄想。

そのうちシャワーの音が止まり、ガチャっとドアが開いた。

「悪いんだけどさぁ、Tシャツか何か貸してくれないかな~。着てた服をまた着るの気持ち悪いんだよね。ついでに下着洗っちゃった~。」

って、おいっ。そんなもん洗ってどうすんだよっ!

「とりあえずコレ乾くまで貸しといてw」

いくら夏だからって・・・。

ありえない。

いや、ホントありえない。

こんな人連れてきたの誰?

と思いながらも、仕方が無いんでTシャツとスエットを渡す。

「は~サッパリ。」

俺のTシャツとスエットを着て、彼女が出てきた。

当然、ノーブラ、ノーパン。

ノーブラ、ノーパン。

ノーブラ、ノーパン。

ノーブラ、ノーパン。

ノーブラ・・・、ノーパン・・・・。

ヤバイ、俺の息子が微弱な反応を示している・・・。

彼女に悟られないように平静を装いながら、下着をベランダに干すように教える。

見ないようにしても、どうしても彼女に目が行ってしまう。

シャワーのせいか、ほんのりピンクになった肌。

濡れた髪からは微かにシャンプーの匂いがして、いつも自分が使っているシャンプーなのに、女の人から漂う匂いは、なんかいい匂いに感じる。

で、胸元。

見てはいけないと思いながら、ノーブラの胸元に、アレを探してしまう・・・。

やっぱり年上だからか、風呂上りの彼女がすごく色っぽく見える。

そういえば俺、年上の女の人って知らないな。

年上かぁ、いいな~。

エッチの時は、やっぱりリードされるんかな~。

と、彼女と雑談をしながら軽く妄想が入る。

「サッパリしたら、またなんか眠くなってきたなぁ。ちょっと横になっていい?」

「どうぞ。俺テレビ見てますから。」

彼女はベッドに横になり、俺に背を向けて寝始める。

ちぇっ。実はこのままエッチに・・・。

とか、少し期待してたのに。

それから10分ほど時間が経ったころ、

「ねぇねぇ。」と彼女。

「はいはい。」

なんだよ、寝てたんじゃないんかよ。

また何か言われるのかと、内心少し身構える。

「エッチしたくない?」

えええええええええええええええええっ!

いま何て言いました、お姉さん???

「ちょ、ちょっと待ってくださいよ。そんなこと急に言われても・・・。」

「だってさ、さっき私の胸のとこばっか見てたでしょ?だから、したいのかな~?なんてw」

ありゃ、ばれてた・・・。

「あ、あれはその、なんとなく・・・。」

「じゃさ、とりあえずこっちおいでよ。」

と言って、体にかかったタオルケットをめくり、俺を招き入れるポーズ。

「えっと、じゃぁちょっとだけ。」

自分のベッドなのに何故か恐縮しながら横になる。

横になったものの、どうしていいか分からず動けない。

なんか、心臓もすごくドキドキしてるよぉ。

「緊張してる?w」

「い、いやそんなことは・・・。」

「でもさ・・・。」

と、俺の胸に耳を当てる彼女。

はいっ、スミマセン。

実は緊張してます・・・。

「彼女とかいないの?」

と言いながら、Tシャツの上から俺の乳首を指でコリコリ。

あ、あのお姉さん、気持ちいいんですけど・・・。

「いますよ。」

彼女はサークルの後輩でひとつ年下だ。

「ここでエッチとかしてるんだねぇ。」

「ま、まぁそうですね。」

「じゃぁ、私としたら浮気になるよねぇ。」

お姉さんはTシャツの中に手を入れてきて、直接、俺の乳首をいじりはじめる。

これはイジメですか?

誰かが俺を試してますか?

ここまでされたら、やってもいいよな?

「ば、ばれなきゃいいんじゃないですか?」

「そうだよね~、えへへ。」

俺のTシャツをまくり上げて、彼女は乳首を吸い始める。

き、気持ちいい・・・。

思わず体がピクッっと反応する。

「これ、気持ちいい?」

「すごく、いいです・・・。」

彼女が片足を俺の太ももにのせてきた。

「私の足に何か当たってますよ?」

と言いながら俺の股間に手を当てて、ズボンの上からさすってくる。

相変わらず、俺の乳首は彼女の口と舌で弄ばれている。

あ~、俺、なんかマグロ状態。

犯されるってこんな感じだろうか・・・。

お、俺も応戦しなきゃ。

Tシャツの上から彼女のオパーイを揉む。

う、柔らかくて気持ちイイ。

やはりノーブラ。

手のひらには乳首の感触が・・・。

Tシャツの中に手を入れようとした時、

「まって。」

と体を起こし、Tシャツとスエットを脱いでしまった。

ポロリンとこぼれるオパーイ。

ピンクの乳首は意外と小さめだ。

「脱がしてあげようか?w」

えええええ、そんなことまでしてもらわなくても。

・・・お願いします。

お姉さんにTシャツを脱がされた。

こんなことは多分、保育園に行ってたとき以来だ。

彼女の手はそのまま俺の短パンを脱がしにかかる。

えっ、ちょっと待って!

パンツも一緒に脱がすんですか?

彼女は俺のズボンとパンツを一気に下ろした。

ぶるん。

当然のようにうちの息子が反り返ってる。

あ~、なんか恥ずかしいよぉ。

お姉さん、あんまり見ないでください・・・。

「出たw」

なんか嬉しそうですね、お姉さん。

あんたが出したんでしょ。

俺は服を脱がされた時に立ち上がったままの状態。

彼女はうちの息子を軽く2、3回しごいて、そのまま口に入れてしまった。

いわゆる立ちフェラってやつですか。

こんな体勢でフェラされるの初めてです・・・。

うわっ!

上目遣いで俺の様子を見てる顔がスゲー色っぽい。

ああああ~~~。

気持ちいいいいいい。

彼女のフェラは吸い込む感じというのか、口の中の密着感がすごくて、さらに舌がウネウネと動いて、それまで経験したことのない気持ちよさでした。

比べちゃいけないと思いつつ、うちの彼女なんて、咥えて動かしてるだけだなぁ・・・、なんて。

「はうぅ。」

思わず声が出ちゃったよ・・・。

「い、逝きそうです・・・。」

マジで、逝きそう。

というか、力が抜けて立ってられないんですけど。

「うん、うん。」

彼女は息子を咥えたまま首を振って返事してる。

「それって、口に出してもいいってことですか?」

「出しますよ?というか、もう出ますっ!」

「ううっ!」

腰がガクガクッとなって、彼女の口に出してしまった。

「ふ~っ。」

心なしか彼女も息が上がってるようだ。

「いっぱい出たね~w」

と口からティッシュに移した俺の分身たちを見せられた。

なんかやっぱり犯された気分だ・・・。

「どう?気持ちよかった?」

「なんというか・・・。こんな気持ちいいの初めてなんですけど・・・。」

「そっか~、よかった。ムフフw」

ムフフ、って・・・。

この人、ひょっとしてスゲーエッチ?

「それじゃ選手交代ですw」

ベッドにゴロンと寝転ぶ彼女。

両手を広げて、俺を迎えてるよ・・・。

とりあえず、定石どおりオパーイへの愛撫から。

柔らかいオパーイをモミモミ。

で、彼女がしてくれたと同じように乳首に吸い付く。

「ふぅん。」

お、声が漏れたぞ。

今度は乳首をハムハムと甘噛みする。

「ああっ、それいい・・・。」

モミモミ、ペロペロ、ハムハム。

モミモミ、ペロペロ、ハムハム。

感じてるのか、身をくねらすお姉さん。

年上なのに、かわいく思えるのはなぜ?

「こっちもして・・・。」

俺の手を持って、自ら股間に導くお姉さん。

触れて見ると、すでにヌルヌル状態。

「すごく濡れてますね。」

「だって・・・。」

「だって、なんですか?」

1回抜いてもらったら、お姉さんをいじめる余裕もちょっと出てきた。

彼女のクリを転がすように愛撫する。

「んっ、気持ちいい・・・。」

俺にギュッとしがみついてくる。

「クリがいいのかな?こっちはどうだろ?」

と、割れ目に指を差し込む。

「んあっ!ああぁ。」

こっちもいいみたいだな。

「どっちがいいですか?」

指を差し込んだまま、刺激を与えつつ聞いてみる。

「んっ、そんな、んっ、んっ。」

「どっち?」

刺激を強める。

「ああっ、あっ、どっちも・・・。」

そうか、両方か・・・。

というか、すごい濡れ方なんですけど。

「ねぇ、大きく、なった?」

と、彼女が俺の息子に手を伸ばす。

「さっきからビンビンですよ・・・。」

「じゃぁ、入れて欲しいな・・・。」

「あ、はい。」

主導権を握ったつもりが、いつの間にか取り返される。

恐るべし、年上。

そういえば、ゴムあったかな?

「ちょ、ちょっと待ってくださいね。」

「ん?コンドーム?」

これだけですべてを察する彼女。

さすがだ。

たしかあったはず、と思いながら机の引き出しをゴソゴソするも見つからない。

「あのぉ、無いみたいです・・・。」

「そっか~。それじゃ、絶対に中で出さないって約束する?」

約束って・・・。

そんなんでいいんですかぁ?

大丈夫かなぁ?と思いつつ、生挿入の誘惑には勝てず、正上位で息子を彼女に押し当てる。

「あっ、あああっ!」

ヌルヌル割れ目に、超スムースイン。

ああ、フェラもいいけど、やっぱりコレもイイッ!

お姉さんの体、すっごく気持ちいいですっ!

とりあえず、テクは無いけど若さで勝負だっ!

彼女の両足を俺の肩に乗せ、奥のほうまで突くッ、突くッ、突くッ!

「あっ!あっ!あっ!あっ!」

声が大きくなるお姉さん。

「ねっ、キスしてっ!んっ、んっ!」

せがまれて唇を合わせる。

そういえば、ここまでキスしてないな。

そのまま彼女の上体を抱き起こして座位に。

下から突き上げると、

「んっ!んっ!んっ!」

と、苦しそうな声を漏らしながら、俺にギュッと抱きついてくる。

「キスしてっ!キスしてっ!」

しきりにキスしたがるお姉さん。

唇を合わせると、夢中で舌を絡めてくる。

はじめに飛ばしすぎたのか、ちょっと疲れてきたので、腰のスピードを緩めてしばしマターリ。

でも、1回抜いてもらったので、今のところ逝く気配はないな。

「ひょっとして、エッチ好きですか?」

「え~、どうして~?」

「いや、なんとなく・・・。」

「ん~、嫌いな人とかいるんかな~。」

やっぱり、好きなんですね・・・。

ちょっとメール打ってました。

「ねぇ、今度は後ろからしてw」

バ、バック要求ですか??

そりゃ、俺もバック好きですけどね。

「ん・・・。」

一旦、息子を抜く。

で、俺に尻を向けた格好で四つん這いになる彼女。

そ、そんな格好で待たれたら・・・。

と、エッチな格好に見とれてしまった。

「もう、恥ずかしいから・・・。」

なんか、見とれているつもりが、じらしてしまったみたい。

「あ、ゴ、ゴメン。」

息子を彼女に押し付けて再挿入。

「んんっ。」

彼女も尻を押し付けてくる。

はぁ~、入ってるとこが丸見えだぁ。

腰のくびれの部分をつかんで、後ろから突きまくる。

「あっ!あっ!イイッ!イイッ!」

あ~、もうすごい濡れ方。

息子が出たり入ったりするたびにグチュグチュいってる。

上から抱きつくようにしてオパーイに手を伸ばす。

「オッパイもっ!オッパイも触ってっ!」

お姉さん、最高っす!

気持ちよすぎますっ!

「あっ!ヤダッ!ヤダッ!」

ん?なにがヤダ?

「ヤダッ!逝っちゃうっ!」

そうか、逝きそうなのか。

さらに激しく突いてみる。

「んっ!んっ!ああぁ~っ!」

あ、なんかアソコ締まってるよぉ。

お姉さん、逝ったみたいね。

「ああぁ・・・。」

枕に顔をうずめるお姉さん。

でも、尻はこっちに突き出したままなので、かまわず突き続ける。

ああ、俺も逝きそう。

「はぁ、はぁ、俺も逝きますよっ!」

なんとなく抜くのが惜しかったので、出るギリギリまで、彼女の中でがまんする。

ピピッっと彼女の尻の上に発射。

もしかしたら、ちょっと中で出たかも・・・。

ちょっと張り切りすぎたかな。

なんだかぐったり・・・。

「気持ちよかったぁ・・・。ねぇ、キスしよw」

この人、キス好きなんですね・・・。

それから、

「よくがんばりましたw」

と言って、俺の息子をナデナデ。

これが大人のエッチか~、と感慨にふける俺。

なんだか、いままでやってたのは子供の遊びに思えてくる。

む~、年上いいぞっ!お姉さん最高!

「え~と、あのですね・・・。」

「ん?どした?」

「え~と、また来ます?」

「それって、どういうことかな?w」

という感じで、今では彼女のセクフレとして飼われてます。

付き合ってる彼女がいるのも知ってるんで、割り切った関係かなと思うんですが、俺の気持ち的には、お姉さんに傾きつつあり・・・。

それでは、長文、乱文、失礼しましたっ!