地元の後輩の女友達

閲覧数:83 ビュー 文字数:7490 いいね数:0 0件

大分前の話。

友達の地元の後輩でMって女がいた。

このMは凄くお祭りが好きで、神輿を担ぐ会に入っており、夏になると東京中のお祭りを回っていた。

俺も別の神輿の会に所属していて、いろいろな祭りに参加していたので、よく祭り会場であって話したりしてるウチに仲良くなって、携帯の番号とメアドを交換していた。

そしてある夏の土曜日。

とある場所での祭りがあって、担ぎ終わって軽く飲んだ後、俺は家に帰ってTVを見ながらのんびりしていた。

そこにMから俺の携帯に電話が入る。

聞くと俺の地元の駅で飲んでいるらしい。

「祭りが終わって神輿の会の人と居酒屋で飲んでいるので来ないか?」

との内容だった。

俺は疲れていたし、知らない神輿の会の人と飲んでも面白くないし、翌日もまた神輿を担がなければならないので断わって電話を切った。

それから何時間後だったろうか…

夜12時を過ぎてたと思うが、また携帯にMから着信が入る。

とりあえず電話に出ると、へべれけに酔っ払ったMの声がした。

俺「もしもしー」

M「あー401~?あーたーすぃー♪うへへー酔っ払っちゃった~~♪」

…ロレツが回ってない…。

完全に酔っているMの声。

M「ちょっとまっれ~にゃはははは」

訳がわからないでいると一緒に飲んでる神輿の会の人らしき人が電話に出た。

「もしもし?君、Mの友達?」

「あのさぁ、今まで一緒に飲んでたんだけど、Mが完全に潰れてんのよ?」

「なんか君が迎えに来てくれるから大丈夫だって言ってるんだけど、来れるのー?」

完全に潰れてる…。

その言葉で俺はスグにアッチ方面の事を考えてしまった。

これは面白い事になるかもしれない…と。

俺「あ、わかりました。いいですよ。ドコに迎えに行けばいいでしょうか?」

そうして俺はMを迎えに駅に出発した。

MはELTの持田似、さほどブスでもない、スタイルもいい。

駅に着くと半纏をはおって髪をお団子にして神輿ルックのMを発見。

この神輿ルックがたまらない。

女の子の神輿ルックは普段のカワイさの50%UPだ。

周りにはM以外誰もいない、とりあえずMに声をかける。

俺「あれ?他の人達は?」

M「えー?あー居酒屋に戻っちゃったよ~あははははは。」

俺「おまえ酒クセーよ!!」

M「そぉ?ハァ~~~ッ!!臭い?臭い~?あはははは。」

もう完全にへべれけ状態。

俺「どうすんだよ?お前家に帰れるの?俺が送るのか?」

M「ん~~~~今日お祭りで飲むから帰らないって家に言ってあるの~~~。あははは~」

俺の心の声。

(あはははははははははははははははは)

俺「ちっ…わかったよ!俺の家に泊めりゃぁいいんだろ泊めりゃぁ」

補足として俺の心はウキウキだ。

ちっ、などとは微塵も思っていない。

M「さ~すが401!!よくわかってるっっっ♪あはははは」

とりあえず俺の家に向かって歩き出す。

といってもMはフラフラしかも酔っていて、いきなり大声で歌い出したり、道端の植木に話しかけたりどうしようもない状態。

俺「おまえちゃんと歩けよ!!」

と言ってMの肩を抱き寄せて歩き出す。

M「401やっさしぃ~♪」

俺「何言ってるのよ?」

M「なーんかお兄ちゃんみたいだねっ♪」

俺「……(;´Д`)」

そうか、俺はそう言う役目なのか。。。

Mを抱き寄せながらいろいろ頭の中で計算してみる。

とりあえずMとは友達の後輩、知り合いって程度で共通の友人も俺の友達1人だけ。

担ぐ神輿の会も違う会だし何かあっても別に支障はない。

友達にバレてもその友達とはよくナンパに行ったりする悪友。

ヤッチャッタのがバレた所で、

「あーMとやっちゃったの?で?どうだった?」

程度で済むと予測。

My脳内のスーパーエロコンピューターがはじき出した答え。

「ヤッチマイナー」

OK!!My脳内!!おまえの希望どうりにするぜ!!今日オナニーしなくて良かった。

家に着いて玄関で足袋を脱がせ俺の部屋に案内。

俺の部屋はせんべい布団敷きっぱなし。

それを見たMは、

「布団~~~~♪」

と言って、一目散に布団に行き横になった。

TVをつけて布団の横に座った俺。

「なんか飲む?気分どうよ?」

話しかけたら既にMは眠ってしまっていた。

俺「お~い!M!!寝たのか?お~い!!」

何度か体を揺らしてみるが、全然反応無し。

とりあえず完全に寝つくまで何もしないでおこう、とそのまま30分くらいTVを見てる。

そして何分か経過した時、Mがいびきをかきはじめた。

正直ちょっと萎えたが、完全に爆睡状態であると確信し、行動を始める。

とりあえず唇と唇がくっつくギリギリまで顔を近づけてみる。

完全に寝ている…

ってか白目ひんむいている。

それなりにブスではないのだが、イビキ&白目にさすがに萎えた。

しかしそれで納得する程俺の性欲甘くない。

まず口に軽くフレンチキッス、

チュッ…

Mの唇は乾いていて気持ち良くも何ともない。

むしろ酒臭いわ、口半開きだわ、カサカサパリパリだわ、でちょっとゲンナリ。

キスは辞める事にした。

続いて半纏を脱がす。

とりあえず起きても大丈夫なように、

「お~い…半纏のまま寝るなよ~、明日もこの半纏着て担ぐんだろ~?寝ゲロしたら着れないぞ~」

等と介抱してるフリの発言を繰り返しながら半纏を脱がす。

お団子の髪の毛、白のダボシャツ、白い半モモ。

この姿で寝ている女の子…たまんない。

このシチュエーションに酒臭い匂いやイビキ、白目等の萎えさせる要因は吹き飛んで行った。

白いダボシャツの下に見える薄いピンクのブラジャーライン。

1個ずつ前のボタンをはずしていく…。

Mは完全に寝ている。

3つか4つはずした所で生ブラジャーいらっしゃいませ。

全部のボタンをはずし終わり、ダボシャツをはだけさせる。

かわいい薄いピンクのブラジャー。

まだ発育途中を思わせるようなハリのある胸の谷間。

白くて透き通った肌。

もう溜まらないです。

少し強引だが、酔ってるし起きないであろう、と確信して、抱えるような仕草でブラのホックをはずしにかかる。

ブラのホックをはずして上にたくし上げると、すげー綺麗なピンク色の乳首がありました。

とりあえずその胸を両手で覆い隠すように触ってみる。

程よい弾力とハリ、大き過ぎないピンクの乳輪とその真中にはカワイイ乳首。

たまらず俺はその乳首に向かってキスをした。

その時Mがちょっとだけ声を漏らした…

「んっ…」

…死ぬかと思った。

でも起きてはいないみたいだ。

瞬間的に俺の脳内は、

「この状態で見つかっても、もう言い訳聞かないし、やれるだけやってみろ」

と指示を出す。

司令塔のナイスな判断により俺の両手は更に動き出す。

最初は軽く乳首にキスしていた俺の口も少しずつ舌で攻撃してみる。

乳首を舌でコロコロ転がしてみたりちょっと吸ってみたり…。

Mはたまに

「んっ…」

と声を出すが起きる気配は全くない。

俺の両手は半モモの紐に手をかける。

結んである紐を解いて少し腰を浮かせて半モモを脱がせられる状態にする。

前がはだけるのでもう既にパンティ丸見え状態。

ブラジャーとお揃いの薄いピンクのパンティ。

我慢出来ない俺は半モモを下までずりさげ、パンティの中に手を入れてみる。

なんと!!もうすでに濡れているではないか!!

しかも半端な濡れ具合ではない。

グッチョグチョだったのだ。

「酔いつぶれた女でも濡れるのか、この子が濡れ易いのか…」

まあそんな事はどうでもいい。

とりあえずパンティを脱がせずにそのまま右手でクリトリスをこねくりまわす。

寝ているMの吐息が段々激しくなってくるのがわかる。

「ふぅ…ふぅ…んっ…ハァ…ハァ…ぁ…ん…」

少しずつ声が出てきた。

クリトリスを刺激していた俺の中指を滑り込ませるようにアソコの中に入れる。

ビクッ!!

指を入れた時に一瞬Mの体がのけぞった。

中でゆっくりとこねくりまわしながら、指を出したり入れたりしてみる。

Mの声がだんだん色っぽくなっていく…。

M「んっ…ぁっ…っはぁ…っく…あんっ…」

今「あんっ」って言ったよ「あんっ」って…コイツ起きてるのか?」

と思って俺はソコでMに

俺「おーい。M起きてるのかぁ~?」

と呑気に聞いてみるとMは反応無し…。

「寝てるのか?夢の中で気持ち良くなっているのか?それともワザと寝たふりしてるのかしら?」

「まぁいいや。」

体勢がキツくなってきたのでパンティをずらす事にする。

パンティを下ろすときに腰を浮かせないのでソコでまた寝てるんだと確信。

ここまでやられて完全に酔いつぶれて寝てられる女もいるんだと思いながら、俺はMの下半身に移動。

もう完全に潰れていると確信しているので更に行動はエスカレート。

足をM字開脚状態にしれアソコを舐め始める俺。

舐め始めて少し考えた。

Mは既に濡れている。

しかも爆睡中。

ここで舐めてもMが感じる訳ではないし、もしこれで起きて拒否られても損だ。

「舐める必要なくね?」

よし入れてしまおう。

ナイス判断俺の司令塔。

おもむろに服を脱ぎ出し、M字開脚しているMにロックオン。

ゴムもつけずにそのまま生挿入レッツゴー。

濡れているのでMの中にはスムーズに入れる事が出来た。

いやらしい音を立ててMの中に俺の入っていく…。

根元まで入った時に意地悪く俺は思いっきり奥まで突いてみた。

その時Mが、

「…んあっ…あんっっ…」

と言って、やっと半目を開けて起きたみたいだった…。

しかしまだ酔っているし、寝起き…完全に状況をつかめていない。

ソコで俺は一気にピストン運動を始めてる。

どんどん突きながらMに話かけて見る。

俺「起きたぁ?…おまえ全然起きないんだもん…」

M「え…あ…ちょっ…あんっ…な…なにあんっ…」

完全に状況を見失っている…。

ここでたたみかけるように激しく動く。

濡れているのでMの中にはスムーズに入れる事が出来た。

いやらしい音を立ててMの中に俺の入っていく…。

根元まで入った時に意地悪く俺は思いっきり奥まで突いてみた。

その時Mが、

「…んあっ…あんっっ…」

と言って、やっと半目を開けて起きたみたいだった…。

しかしまだ酔っているし、寝起き…完全に状況をつかめていない。

ソコで俺は一気にピストン運動を始めてる。

どんどん突きながらMに話かけて見る。

俺「起きたぁ?…おまえ全然起きないんだもん…」

M「え…あ…ちょっ…あんっ…な…なにあんっ…」

完全に状況を見失っている…。

ここでたたみかけるように激しく動く。

Mの中は適度に締め付けがあって、今までHした女の中でも結構いいアソコの持ち主だった。

しかも生でやっている。

イキそうになったのでちょっと動きを止めてゆっくり出し入れをする。

その間にもMに話かける俺。

俺「どう?…M気持ちいい?」

M「え…あっ…でも…なん…なんでぁっ…気持ちいいっ…あっ…」

よし、Mも気持ち良くなってきてる。

俺「着替えさせようとしたらおまえ濡れてるんだもん」(←今考えるとすげー言い訳)

M「やだっ…あっ…だって飲んっ…あっ…」

まだ酔いも覚めてないし記憶も曖昧らしいM。

更に話かける俺。

俺「でも気持ちいいんだろ?もっとしようぜ?」

M「だって…わかんないあっ…っはぁ…うん気持ちいぃ…」

俺「もっとして欲しい?」

M「だって40…んっ…気持ちっ…はぁっ…ぁあんっ…」

そう言うとMは、両腕を俺の背中に回してしがみ付くようにギュッっと抱きしめてきた。

生でやっているし、Mの中がすげー気持ち良かったので、またイキそうになった。

俺「やべー気持ちいい。Mの中スゲー気持ちいいよ。」

M「っやっ…そんな…言わな…あっ…気持っっ…ぃぃっ…イキっ…そっ…あんっ・・・」

俺「何?イキそうなの?イキそうなの?」

M「うんっ…あっ…イキそうっ…イキそうっ…もっとあんっ…」

急にドエロモードに入ったM、酔っているからなんだろうがこれがまたエロい表情をする。

半目を空けながら、俺をじっと見つめ口は半開き…。

恍惚の表情にも見える…。

俺「イキたい?ねぇ?Mイキたい?イキたいって言ってよ」

M「やっ…はぁ…あんっ…いっ…イキっ…くはっ…イキたい…やぁんっ…」

ちょっと照れながらもしっかりと言ってくれる従順なM、コイツMっ気あるなと思いつつ段々Mがすげー可愛く見えてきた。

Mを抱きしめて対面座位の格好になる。

下半身素っ裸で髪はお団子、ダボシャツの前が完全にはだけ、ブラがたくし上がって、エロい表情でキスを迫ってくるM。

もうたまんないです。

むさぼり食うようにMの唇に吸いつく俺。

Mもまた口を大きく開いて舌を絡めてくる。

俺の左手はMを抱き寄せ右手で胸を揉む。

そしてMが腰を上下にグイグイを動かす。

俺が右手を胸からクリトリスへと移動させ、激しくクリトリスを中指で円を描くように刺激する。

その瞬間にキスしてたMが体をのけぞらせる。

M「いやぁっ…ダメッ!!それっ!!気持ちいいっ!!」

このMの言葉を今でも鮮明に覚えている。

勿論そこで辞める筈もなく更に激しく指と腰を動かす。

M「ダメッ…いやっ…いっ…いっちゃういっちゃういっちゃういっちゃういっちゃうぅぅぅぅぅ!!!」

急に体をビクンっとさせた後に、俺を抱いていたMの手の力が抜ける…。

いったみたいだ。

完全に放心状態になるM、だがまだ俺がいってない…。

そのまま倒れるように仰向けにさせて、Mの両太ももを両手で抱え上げ奥まで突いていく。

俺もイク為に激しく腰を動かす動かす。

M「いやいやいやいやぁっ…あっあっあっ…やっやっやっ…きもちっ…あんっ…」

俺「あーMイキそうイキそう…ドコに出して欲しい?中で出しちゃっていいのぉ?」

M「あっ…なっ…かっ…はっ…だめっ…あっ…そとっ…あんっ…」

俺「えー、じゃぁMの口に出していい?ねぇ出していい?」

M「やっ…口なんっ…出されっ…あんっ…事っ…ないよあんっ…」

俺「じゃぁやってみようよ、口に出してって言ってよ、ねぇM言ってみて」

M「やだっ…恥ずかしっ…やっ…くっ…くちっ…あんっ…に…出しあんっ…」

俺「聞こえないよ、もっとちゃんと言ってよ」

M「だって401のっ…気持ちいいかっ…らっ…言えないっ…やんっ…」

俺「だぁめっ…言って。」

M「っはぁ…くっ…口にっ…出してっ…欲しいっ…あんっ…」

まさか欲しいまで言ってくれると思わなくて、ソコでいっちゃいそうになりました。

今でもオナネタに使うくらいの名場面でした。

もう俺もノリノリです。

腰の動きもフルMAXパワーバリバリです。

俺「いくよっ!!いくよっ!!」

M「あっ、やっ、出してっ!くちっ!あんっ!出してっ!」

寸前で抜いて、Mの口元に持っていくとMは自分から俺のをしゃぶって全部口の中に吸い取ってくれました。

暫くしゃぶってくれた後にクチを話すと、Mが飲んでくれたみたいで、

M「にが~い…始めて飲んだぁ…うぇ~」

としかめっ面で言っていました。

俺「でも気持ち良かったからいいだろ?」

って言うと

M「知らない~♪えへへへへ」

とまた酔った口調に逆戻り、そしてすぐにパタっと倒れて寝てしまった。

その後ちょっと時間おいてから、またムラムラしたのでバックから1回やったのですが、その時もいろいろ言葉攻めして楽しみました。

そして一応ちゃんと着替えさせて朝に起こしたのですが、開口一番Mが俺に向かって放った言葉が

「ねぇ?なんで私、あんたの家で寝てるのぉ?」

でした。(;´Д`)

その日はそのまま酔いつぶれて、俺に電話してきたから引き取って、家で寝かせてやったと言ったのですが、何ヶ月か後にたまたま電話で話した時に、

M「ねぇ、もしかしてさぁ…祭りの日にあたし、家に泊まったじゃん?その時さぁ…えっちしちゃったぁ?」

と聞いてきたので、

俺「えー…うんwやったねぇ…」

と答えたら、

M「やっぱり!!なんかさぁ、ココだけの話夢の中でえっちしてる夢見た気がしてすげー気持ち良かったんだよね、あの夢が忘れられなくてさぁw」

との事。

んでまた飲みに行く約束して、その夜にお互いシラフでしっかりヤラせてもらいました。

1年半くらいセフレ関係続けてたけど、Mはとってもエロくていい子でしたわ。

こんな感じでした。