泥酔親子丼

閲覧数:121 ビュー 文字数:2895 いいね数:0 0件

信じてくれないと思いますが、泥酔親子丼の話を書きます。

去年の秋のことです。

よく行く居酒屋の常連仲間が結婚することになり、居酒屋の奥さん(44歳)&娘(19歳)常連仲間6人が披露宴に呼ばれました。

旦那の仕事の関係で式は東京で行われることになり(関東地方某県庁所在地在住)、披露宴終了後は式を挙げたホテルに部屋を取ってくれることになりました。

滞りなく披露宴が終わり、ホテル内のラウンジで行われた二次会も終わり、それぞれの部屋に帰りました。

部屋割りは居酒屋親子と男6人がそれぞれツインで4部屋でした。

シャワーを浴びている間に同部屋の兄ちゃんは寝てしまい、披露宴から時間が立ち、二次会では殆ど食べてなかったので小腹が減り、コンビニかラーメンでも食べに行こうかと思い、着替えてから部屋を出てエレベータを待ってました。

するとエレベーターから居酒屋親子が降りてきて小腹が空いたことを告げると一緒に行きたいと言ってきました。

フロントのソファで暫く待っていると居酒屋親子が降りてきました。

母親は和風で古手川祐子に似た感じで、娘は松崎しげる似の大将に似て濃い顔ですが美人です。

時間は11時前だったのでフロントでラーメン屋の場所を聞いたのですが、あいにく日曜日は休みとのこと。

すると母親が自分の店以外の居酒屋に行ったことがないといいだしたので、近くの居酒屋を紹介してもらい出向き歩いて5分の店に着きました。

日曜の夜なので私達以外は2組み程の客の入りでした。

未成年の娘に酒を飲ましてもいいかと聞けば、

「居酒屋の娘だから大丈夫」

などと訳のわからない返事をし、取り敢えず生中と酎ハイ(娘)で乾杯しました。

自分の店には無いメニューを頼み、

「なるほど、こういう料理の仕方があるんだね」

とか研究熱心です。

途中で私が焼酎に切り替えようとすると二人が私達も飲むので、ボトルを入れようということになりました。

私はお湯割りが苦手なのでロックで飲むと言うと、二人はお湯割りしか飲んだことがないのでロックで飲んでみたいと言いだしました。

ボトルを頼んでしまったので残すのは勿体ないと思い無理して飲んでいたら、二人とも完全に出来上がってしまい、話がいつのまにかエロトークになり、私の性生活の現状や一人で週何回するとか聞かれました。

閉店時間になり、店を出ると二人とも足下がフラついてます。

途中で娘の方がへたりこんでしまい、おんぶしてかえりましたが、娘のFカップの胸が背中に当たりチソコはビンビンで、おんぶしているので前屈みになるのが助かりました。

行きは5分で来れたのに帰りは15分もかかってしまいました。

なんとかホテルの部屋まで帰り、居酒屋親子の部屋まで帰り着きました。

ベッドに娘を座らすと母親が、

「○○さん、あそこ大きいんだって△△さんから聞いたよ」

と突然言い出しました。

すると娘が

「私も聞いたよ、前の彼女と別れたの○○さんのが大きいからだって××さんから聞いたもん」

確かに最近別れたのは事実ですがそれが理由ではありません。

以前、常連仲間でスーパ銭湯に行った際△△さんが

「○○ちゃん立派なのをお持ちで」

とは言われましたが、その話に尾ひれがついたようです。

娘が

「見せて見せて」

と言いだし、母親も

「誰にも言わないから見せてよ、旦那糖尿だし最近見てないし」

と言い、二人で

「見せろ~見せろ」

「脱げ~脱げ~」

とコールをし始めました。

旦那が糖尿の言葉にあわよくば出来るかもと思い、え~いどうにでもなれと思いズボンを脱ぎトランクスを脱ぎました。

親子で

「出た~」

「きゃぁ~」

とか言ってます。

二人に

「俺だけ脱いで不公平なので二人も脱げ!」

「脱いだらもっと大きくなるから」

と訳のわからない事を言いました。

maxで20cm(根本から計測)です。

母親は嫌がってましたが、娘の方は下着姿になってました。

上下ピンクの下着姿にチソコは60%エネルギー充填です。

母親に

「娘が脱いだんだから親も脱げ」

と言うと母親も脱ぎ始めました。

母親の黒の下着姿で80%です。

「二人とも全部脱がないと大きくならないぞ」

と言いました。

娘の方がブラを取り90cmの乳がプルンプルンしてます。

「さぁさぁお母さんも脱いで」

と促します。

「今日の事は絶対誰にも喋ったらダメだよ」

といいながら母親がついに黒のブラを取りました。

母親の方は年の割に綺麗な乳首でここまで来たら親子丼を食わなければと思い、先に娘のパンツを脱がせ乳を揉みアソコに指を入れました。

娘は上気した顔で声を漏らしました。

「お母さん、N美ちゃんとやっちゃっていいですか?」

と一応許可を取って事を運ぼうと思いましたが、

「ダメだよ~最後までやっちゃダメ」

と言われましたが、N美ちゃんは

「いいよ~して~」

と言いました。

「お母さんも一緒に可愛がってあげるし大きいの欲しくない」

と言いました。

毒を食らわば皿までと思い、二人にフェラを命じました。

ここまで来たら二人ともその気になったようで、娘に先っぽ、母親に玉舐めをお願いしました。

「あぁ、夢にまで見た親子フェラキタ━━━━━(・∀・)━━━━━!!!!!」

娘の胸を触りつつ、母親のアソコに指入れです。

どちらからいただこうかと思いながら、ここは年功序列でと思い母親の脚を広げ突入しました。

母親に突入しながら左手で娘のアソコに指入れしました。

母親の声が大きいので、娘に母親とキスするように命じました。

正常位で突入しているので母親の上に乗る形でキスをしはじめ、突入を続けながら右手で娘の胸左手でアソコを攻めます。

この時こそ猫の手を借りたいと思いました。

母親の突入を止め、バックで娘に突入です。

若いせいかキューと締まるアソコで放射能漏れを起こしそうになりました。

限界が近づき、娘を突き飛ばし仰向けにして二人を並ばせ、ここで放射能噴出。

母親の顔に殆どかかってしまい、絞りだした放射能を娘の顔に出しました。

念願の親子顔射です。

ティッシュでふき取った後、三人で風呂に入り殿様気分に浸りました。

翌朝、全員で朝食をとりましたが親子は何も無かったような振る舞いでした。

その後は母親の方と続いてます。

肝心な部分が盛り上がらなくてスミマセンでした。

支援乙でしたm(__)m