高校の同窓会で再開した女友達と

閲覧数:48 ビュー 文字数:3565 いいね数:0 0件

先週の日曜日の事です。

我が母校の高等学校が過疎化が進み学生数減少で高校が閉鎖され、某企業の工場になるとの事で、最後の同窓会をし、同窓会解散することになりました。

地元を離れ遠くの地で就職し、結婚そして家を建てた事から、都合が付かず今まで同窓会には参加していませんでした。

ですが、今回は最後との事だったので、無理をして参加しました。

高校での同窓会総会は全卒業生が集まり、解散手続きを採択した後、各卒業年度に別れ各地で学年の同窓会、つまり飲みが始まりました。

学年の同窓会には、男の友人が一人しか参加しておらず、少し寂しかったのですが、部活の女子(なつかしい言い方だ)が二人参加していて、声を掛けられました。

二人とも高校時代とあまり変わらず美人のままです。

その内の一人は高校時代好きだった(片思い)人です。

あ、部活は放送部です。

男3人、女14人という美味しい部活でした。

同窓会では、この二人と話しが盛り上がり、近況を話し合いました。

二人ともかなり酔っていたし、自分も酔っていたこともあり、当時は博美の事がすきだったんだー俺。

でも、恵の事もすきだったんだよ。

二人は、

「上手いねー。調子いいわね。」

と言いながらもご機嫌でした。

そして博美が、

「メグも弘のこと好きだったんだよ。私はどうだったか判らないけど、メグなら付き合えてたのに、もったいな~い。」

「・・・そうだったんだ。」

がっかりと凹む俺。

3人で盛り上がっていると、同窓会もお開きの時間となり、みんな2次会に行くという話をしていたんですが、博美が

「せっかく3人で盛り上がっていたのでから、3人で飲み直さない?」

ということに。

田舎ということで、飲む所が非常に少ないこともあり、3人タクシーに乗り、途中酒屋で買い出し(タクシーその間待機)離婚して一人暮らしの博美の部屋へ行くことになりました。

しばらくは、友人達の消息情報とかで盛り上がってましたが、博美の離婚話になりました。

理由は旦那が夜も相手を2年してくれなかった事らしかった。

俺は、

「セックスぐらいで・・・」

というと、

「私セックス好きなんよ。今も一人暮らしだから男に不自由してるの」

という方向へ。

俺のチンコは期待で膨らみます。

博美と少しいい感じになってきた時でした。

恵がいきなり、

「ダメー弘は私のもの。博美知ってるでしょ。いまでも好きな事。博美には渡さない」

と言うなりいきなりキスをしてきました。

ちゅぱれろれろ、うぐうぐ。

濃厚なディープキスです。

恵は俺の手を掴み自ら自分の陰部へ

「もうこんなになってるの」

あそこは既に大洪水でした。

俺は博美にわざと見せつけるように恵の服を1枚づつ脱がし、首から胸、そしてあそこへと舌を這わした。

恵のクリは既に勃起状態、舌でツンツンすると、

「すっごーいああ!!」

どうやら軽くお逝きになったようです。

俺は、

「逝ったかもう満足しただろ」

と意地悪く言うと

恵「ダメまだまだ~欲しいの」

俺「何が欲しいって」

恵「弘のチンコ入れて~」

俺「どこに入れて欲しいの??博美のまんこへか??」

恵は、

「だめー」

と言うと私を下に押しやり、強烈なフェラ。

いわゆるバキュームですね。

喉の奥まで加え、先とカリをチロチロ、たまらず俺も恵のマソコーをレロレロ。

恵は、我慢の限界だったのか、上にならいきなり生挿入。

恵はガンガン腰を振ると再び逝ったようで、おれに倒れかかってきた。

俺は逝った恵を更にバックで突きまくり、とうとう恵は潮を吹いて完全に逝ってしまった。

俺はなぜか逝けず、ぎんぎんのジュニアを抜くと、博美が

「次は私ね。」

俺は待ってましたーと心でガッツポーズです。

「恵に一応義理立てで先を譲っただけだから」

と博美。

「そうか、お前はイイ奴だー」

俺は博美の胸を揉みしだき、乳首を少し強めに噛む。

博美「ああ!!それいい~」

もしやこいつMか??

俺はそう確信した。

博美の尻を叩きながら、

「この淫乱女め、ここにチンコ入れて欲しいのか」

といきなり挿入してやった。

しかし、博美の中は準備万端整っていたのですんなり俺の肉棒を受け入れてしまった。

俺は博美を後ろから突き上げた。

そして胸を揉みまくった。

俺ももう限界になり、

「そろそろ逝くぞ」

といいながら博美の髪を掴み口の中にチンコを入れ、口の中に出しまくった。

「最後の一滴まで飲め」

と命令する。

しかし、博美はまだ満足していなかった。

「まだ足りないわ、まだ出来るでしょ。」

そういうと博美は逝ってぐったりしていた恵を起こすと3人でお風呂場へ。

なぜかお風呂場にはローションがあり、俺は二人に前後を挟まれ、たわし洗いを受けた。

あそこは直ぐに復活。

二人を浴槽に手を付かせて交互に付く俺。

こうして冷静に見ると女のあそこもかなり違う。

恵の方はピンクでビラは少ないがクリがでがい。

博美はビラが鳥のトサカのようにびらびらで、色もかなり黒い。

しかし中はピンクでクリは埋没したままだ。

浴槽では3人でするのは難しく、早々にベットヘ移る。

俺はベットに横たわり二人に交互に上で入れるように命令する。

恵と博美が交互に俺のチンコを入れてくる。

しかし、意外と気持ちよくない。

そこで、今度は恵で逝っていなかったので恵を下にし、正常位ではめる。

そして博美を4つんばいにさせ、右手で中をかき回す。

博美の中はどんどんあふれ、何か中に筋のようなものが張ってきた。

俺はそれを指でコリコリする。

博美は

「うぁ・・そんな・・す・すっごーい」

と身をよじらせる。

かまわず続けているとその場で果ててしまった。

その瞬間気が緩んだため恵の中で生大放出してしまった。

恵が「やばいよ。3日前が排卵日だったのに」

どうやら今頃冷静になったようだ。

恵は浴室で中を洗っている

俺は、やはり一番好きだった博美をもう一度抱きたくなり、ディープキス。

こんどは愛し合うように唇を重ね胸そしてあそこあなるへと舌を這わした。

そして俺はあることを思いついた。

博美にアナルの経験を訊く、やはりないそうだ。

おれは処女は奪えなかったが、アナル処女を頂くことにした。

痛がる博美を押さえつけ無理矢理入れた。

アナルの感覚はあそことは別の感覚で気持ちよかった。

泣き叫ぶ博美。

「お願いイタイ抜いて~」

と懇願する。

うんうんまさしく処女喪失って感じだと非常にもガンガン突きまくる俺。

「ひ・ひどいよ。さけちゃう」

と泣く博美にもっと興奮する。

俺はアナルに3度目の射精。

博美のあそこは本当に裂けて少し出血していた。

本当に処女を奪ったようで最高だった。

そして3人は疲れ果て、そのまま裸で寝てしまい、朝といっても10時位に目が覚めたときは全員顔面蒼白。

記憶を辿りとんでもないことをしてしまったという表情がみんなに浮かんだのはいうまでもない。

おれはそんな二人(俗世に戻った)にまた興奮してしまい、二人をレイプするように4回線目に突入してしまった。

4回戦目は博美を下に恵を上に抱かせるようにし、上と下のまんこを突きまくった。

ちょうどビデオカメラを持っていたのではめ撮りもしてしまった。

結局お昼まで情事は続いてしまった。

あれから1週間。

恵から生理がこないとの連絡が・・・・

少し怯えている俺であった。

因みにこれから博美に会いに逝く。

もちろん今日も楽しむつもり。

新幹線の時間がそろそろなので、これから出掛ける。

カバンに鞭と蝋燭、そして館長用の注射器・・・(昨夜アダルトショップで購入)

いま離婚して博美と一緒になりたいと思っている俺は逝ってよしだな・・・。