泥酔していたAV女優

閲覧数:47 ビュー 文字数:2543 いいね数:0 0件

新宿で歓送迎会があり、幹事だった俺はゆっくり飲むことも出来ないまま無事その任務を全うし、帰途に着こうとした。

飲み足りなかったので行きつけの店に行こうとしたとき、雑居ビルの階段に膝を抱えて突っ伏している女の子を発見!

「コレがウワサの泥酔女かぁ~」

と感心(?)していると、たまたま近くを通りかかったにーちゃん達が

「おい!あれイけんじゃねーの?」

と話していたので、こりゃー先を越させる訳にはイカンと思い、

「弥生ちゃん、こんなところにいたのかよ~!探しちゃったよぉ」

と先手。

渋々去っていくにーちゃん達を目の端で確認しながら( ̄ー ̄)ニヤリ。

「大丈夫?」

「何か飲む?」

などと質問攻めにしてたら

「お水・・ちょうだい・・・」

と苦しそうにぽつり。

速攻コンビニで水を買い求め、与えるとゴクゴク飲み干した。

その時!

「ん?」

どこかで見た顔・・・。

あれは確か、家でマッパで自家発電してたときに・・・(遠い目、こんなオツムの弱いおいらでも思い出しました。)

あの有名なAV女優さんだったのです!!

(かなりのキョヌーちゃんです)

AVを見ることがあまり無いおいらでも知ってる嬢だったので激しく興奮!

なにやらブツブツ言ってるので、耳を近づけてみると

「○○さぁ~ん、おんぶしてぇ~」

と勘違いしているらしい。

えーい!この際だ!!なりきっちゃえとばかりに

「いいよー、しっかり捕まるんだよー」

とおんぶした。

うおぉぉ・・・せ、、背中にお乳が当たってるぅ・・・すんばらしいボリューム!

この時ばかりは信じてない神・仏・マリア様に感謝!

当日は金曜日だったため、空室は無いだろうと判断した俺はタクシーを拾い自宅へ向かった。

タクシー内ではおいらの膝をまくらにして横にさせ、頭をなでなですると安心しきったような顔でスヤスヤ眠っていた。

そんなこんなで自宅マンションに到着。

タクシーからお姫様抱っこで引っ張り出しそのままオートロックを開けエレベーターへ。

エレベーターが動き出したところで嬢が覚醒した。

「ココどこ?」

「俺ん家のエレベーターの中だよ」

「ふ~ん、そう・・・」

正直ビビりましたわ。

しかしまだ酔っててしなだれかかってくる。

やっとこさ鍵を開けベッドルームに運び横たわらせると着てる服がウザいのかモゾモゾし始めた。

「ん?苦しいのかい?んじゃ、脱がせてあげよう(イヒヒ」

まずはコートを脱がすと、ブラウスがありえないほど盛り上がってる!

おいらのティンコも大盛り上がり!!

ドキドキしながらブラウスのボタンを1つ1つはずしていくとピンクのブラとともに、溢れんばかりのお乳!

キョヌー星人なおいらは感動しました。

はやる気持ちを抑えつつ、スカートへ・・・。

出ました、上下お揃い。

しかもTバック。

「んん・・・あいがと」

と、ろれつが回らない口調でごそごそブラをはずしだした。

あっ、コラ!おいらの楽しみを奪うでない!とすかさずヘルプ。

おぉっ!ブラ取っても形が変わらん!何だこの張りはっ!?

思わずお乳に手が出た。

下から持ち上げるようにモミモミすると

「ん・・んん・・・」

と反応しだした。

一気に酔いが覚めたおいらは左のお乳にむしゃぶりつきながら右のお乳を揉みしだいた。

(ここから先の記憶が定かでないが)

猛り狂うラッキーちゃんにご褒美をあげたかったが、この興奮状態での1発目はきっと早漏であると判断。

前戯を目一杯楽しむことにした。

ディープキス、首筋、耳甘噛み、(もち)ティクビ、骨盤と徐々に下がっていくともうすでにおパンツにはシミが出来てた。

おパンツを脱がしクリに刺激を与えると

「あぁ・・んっ・・・」

と意識が戻ってきた。

すかさず

「ココ気持ちいい?」

と耳元で囁くと、

「だめぇ~、そこ弱いのぉぉ」

「へぇ~、そうなんだぁ(ニッコリ」

愛撫する指の回転数を限界まで上げましたよ、みなさん。

「イヤぁぁ・・そんなにしたら・・・イっちゃうぅぅ~」

「イってもいいよ~」

「あっ、あっ・・・・」

イく瞬間にクリをキュッと摘むと、おいらを抱きしめてきた。

「イく、逝くぅぅ~~~~~~~」

そんなおいらのラッキーちゃんは、口からありえない量の涎が滴ってましたよ。

間髪いれずに指マン開始。

Gスポを集中攻撃。

「そこダメぇぇぇぇぇ~~~~~~!」

「あっ、あっ・・・出ちゃうぅぅ~~~~!!」

すると大量の潮が吹き出た。

(ココははっきり覚えてた、なぜか)

泥酔女の潮の量はすごいですな。

ベッドに潮溜まりが出来たよ。

「ハァハァ・・・ごめんなさい・・・」

ぐったりしながら謝ってた。

テンパってたおいらは気にせず前戯を続けようとすると、彼女の手がおもむろにラッキーちゃんへ・・・。

右手でシコりながらカリ→タマタマ→アナールへと舌を這わし、再び竿へと移動。

さすがAV嬢!ジュポジュポ音を立てながらしゃぶるしゃぶる!

これ以上やられたらメルトダウソしてしまうと思いベッドに押し倒しチン入。

正上位、バック、騎乗位(キョヌーだと眺めがいいよね)、松葉崩しと持てるだけの体位を駆使し終了。

なんだかんだで彼女は5~6回は逝ったと思います。

その後、おいらの腕枕でひと眠りした後に車で送りました。

気に入ってくれたのかケー番交換してくれました。

ねんごろにはなってないけど、たまに会うよ。

その後で彼女のAV見たんだが、すっごく萌えるね!

速攻でMAX魔羅!