泥酔して、童貞君に指導した23歳女子。

閲覧数:53 ビュー 文字数:2597 いいね数:0 0件

数年前の年末の事。

私は当時、あるスーパーのテナントの洋服屋さんに勤めてました。

普段、テナント組はスーパーの直営組(食肉さんとか鮮魚さんとか)のほうとはあまり親しくなかったんです。

が、その年は直営組の主任さんが

「年末の閉店後、忘年会と親睦会を兼ねて合同で飲み会をやる」

と企画。

強制ではなく、自由参加だったけど、力関係は直営>テナントなんで、全員不参加は避けたいところ。

結局、私のとこからは私だけが参加する事に。

私は当時23歳。

身長が145cmのミニマム級。

当時の体重は40kg前後。

飲み会は近所の居酒屋さん。

主催の主任が28か29歳くらいだったんで、参加者は全員それ以下の若手。

参加人数は15人前後だったと思います。

みんな、徐々に打ち解けてって、2次会カラオケへ。

3次会でスナック行ったとこまでは記憶があるけど、途中で寝てしまったらしい。

もともと飲むと爆睡して数十分でケロリと目が覚めるタイプなんですが、年末の疲れがあったみたいで、本気で熟睡してしまってたらしい。

次に気が付いた時は…..。

「ここどこ?」

見た事無い天井…誰かの部屋だ!

ガバッ!と上半身を起こすと

「うわっ!」

と叫び声。

私の格好、シャツが首の辺りまでまくり上げられ、ブラが微妙に下にずらされてて乳ポロリ。

スカートはめくられ、パンツが両膝に絡まってる。

叫び声の主は青果部の若造!

つか、オマエもパンツおろして何やってんだ?!

自家発電中でした。

「何もしてません!見てただけです!」

いや、こすってんじゃん。

つか、私の服を脱がしたろ?

「興味があって脱がしたけど、何もしてません!」

乳も触ってないってか?

「いや、ちょこっと触っただけ…」

じゃ、この表面が突っ張るような感覚は何?

乳輪の辺り、明らかに舐めただ液の跡がある。

青果部のヤツは18歳。

身長185cmくらいで、空手やってたゴツイ体型。

顔は柔道でメダルとった鈴木なんとかみたいな感じ。

スナックで酔いつぶれた私を、近くの自分のアパートまでおぶって連れてきてくれたらしい。

パンツ下げられても気が付かないほど酔いつぶれた女を前にオナニーするという行動から分かるように、意気地なしの童貞。

自分チに帰ろうかと思ったが、彼が言うのは

「年が明けたらすぐ19歳になってしまう。なんとか18のうちに童貞卒業したいんでやらせてください!」

と懇願。

素面だったら

「毎日顔会わすような人間とセックスできるか!」

と思ったろうけど、多少私も酔いが残ってたらしく、勢いに負け彼の願いを聞き入れる事に。

このだ液跡をなんとかしたいから、とにかくシャワーを浴びさせてくれってことと、ゴムないならやんない、と告げる。

彼はタオルと着替えのでけーTシャツを準備すると

「(ゴム調達に)コンビニ行ってきます!」

とみぞれ雨の中出て行った。

シャワー浴びてボーッと待ってるとゼェゼェ言いながら帰ってきた童貞。

ジュースとビールとコンドーム。

「飲みますか?」

とビール差出してくれるが、全速力でぶん回してきた缶ビールなんか開けられんのでジュースを頂く。

その間に汗臭い童貞はシャワーへ。

冷たいジュースで酔いがさめてく。

シャワーから出てきてもなんかゼェゼェ行ってる。

なんかイヤになってきた…。

横に座ってくる。

いきなりシャツの上から乳揉んでくる。

キスしてくる。

舌入れてきた。

童貞、目ぇつむってる。

うわぁ…

ミニマム、腹を決める。

Tシャツはぎ取られ、ベッドの上に押し倒される。

好きにしてくれ、とマグロを決め込んだら、ホントに好き勝手に全身舐めてくる。

脚の間に頭突っ込んできてク○ニしてくる、けど見当違いで全然よくない。

「いれていいですか?」

とゴム装着始めるけど、上手くつけられんらしい、つか太ッ!

長さは大した事ないけど、太さが缶コーヒーくらいある。

そりゃコンビニゴムじゃむりってもんだ。

「絶対中に出しませんから!お願いします!」

と再び童貞の懇願。

もういいや、とナマ了承。

が、ミニマムマグロ、濡れてません。

濡れてるのは表面だけで、その正体は童貞のだ液。

濡れてもいないのに缶コーヒーサイズは絶対入らない。

仕方ないので、ク○ニ指導を始める。

ベッドの上でM字開脚するミニマム。

童貞、床に正座。

「ここをマッサージしながら下から上に舌を這わせる」

「指は浅めに入れて、ココら辺りを刺激して」

等、AVかよ?って状態。

「はい…はい…」

と律儀な返事するたび股間に当たる息が熱い。

キスしたり、おっぱい揉まれたりしたら段々その気になってきたミニマム。

彼の前に脚を開く、が入らない。

慌てる童貞、ますます空振り。

挿入角度が分からないらしい。

仕方が無いので私が上になる。

ギャー太い!

ぎちぎち言いそうだ。

膝を立てて前後に動こうとしたが、ミニマム、膝が浮いてる。

仕方なく、上下に動く。

「ぁー…ぁー…」

と空ろな目で喘ぐ18歳。

「あっ!」

と叫ぶと私の腰を両腕でガッ!と持ち上げ、白い噴水。

律儀な彼。

ミニマム、軽くて良かった。

その後は、体位講習会。

正常位だけは腰の動きがぎこちなくいただけませんでしたが、ベッドに手をついて立ちバックした時は、勢いづいたヤツが私の腰を持ち上げ、両脚宙ぶらりん状態。

明け方まで実地訓練。

翌日は大晦日、目が覚めたのは夕方近い時刻でした。

ミニマムは人生でもっとも腰のだるい正月を迎えましたとさ。

酔った時のH体験談投稿募集中

当サイトでは皆さまからのリアルな酔った時のH体験談を募集しています。ろれつが回らない女、意識が朦朧としている女など、泥酔した時にやらかしたエロい体験など、お酒にまつわるエッチな体験談をお寄せ下さい!
投稿する