部下の女子社員と

閲覧数:74 ビュー 文字数:3499 いいね数:0 0件

おはようございます。

一昨年の秋に起こったことを書かせてもらいます。

私は30半ばで某食品メーカの地方都市の営業所長をしており単身赴任です。

当時の所員は私と男子社員3名、女子社員1名、パートのおばさん1名で計6名です。

女子社員は24歳のYちゃん。

地元の短大を出て目がクリクリして可愛く、歳よりも若く見えて高校生でも通る位の童顔の子でした。

そんなYちゃんも以前、営業所にいたT君と結婚することになり、送別会をすることになりました。

既にYちゃんは前月の20日に退社していたのですが、私の出張や本社での研修があり結婚式の3日前に行うことになりました。

T君は大学の後輩でもあり、私自身もYちゃんと結婚することは大変嬉しく思い、披露宴でもスピーチを依頼されてました。

送別会はT君も参加することになってましたが、当初、本社の部長が行く予定のゴルフコンペに行く事になり、泊まりがけのコンペだったため不参加になりました。

事務所近くの和食屋でYちゃんの送別会を行い、1次会が終わった所で私は週明けの所長会議用の資料作成するため、2次会用に3万円を渡し事務所に帰り日付が変わろうとした頃、Yちゃんが事務所に現れました。

「所長~まだいてたのですか~」

「もうすぐ仕上がるからもうすぐ帰るけど」

「遅くまで大変ですね~」

「Yちゃんこそどうしたの?」

「酔いも醒めたしTAXI代もったいないから車で帰ろうかなと思って」

「まだ醒めてないじゃん、○○の先で週末は検問やってるし、この前も○○スーパのUさんひかっかかったらしいよ。少し休憩してから帰ったほうがいいよ」

「所長はもう帰られるんでしょ」

「いや、することは山ほどあるからまだいてるから少し休みなさい」

ということでYちゃんをソファに寝させました。

短めのスカートから生足が見え床にしゃがめばスカートの中は見えそうです。

時計が2時前になり、そろそろ帰ろうかと思い、寝ているYちゃんを起こそうとYちゃんを揺さぶりました

「Yちゃんお~いもう帰るよ、運転出来ないのなら送って帰るから」

「う~ん、このまま寝かせて下さいおやすみなさい~」

「ダメだって俺も家で寝たいからお願いだから起きてよ」

「もう、社員じゃないから所長の言うことはききませんよ~だ」

「じゃぁ一人で寝ていいけど朝ちゃんと帰るんだよ」

「一人はイヤ~怖いし」

「この事務所、昔は墓場だったらしいから出るかもよ」

「T君が昔、事務所に泊まった時何か見たとか聞いたことあるし」

「ほら、あの鏡に・・・」

「きゃぁ~~~~所長怖い~~」

と私に抱きついてきました。

抱きついてきたYちゃんに

「ほら、怖いならかえろ」

Yちゃんは抱きついたままです。

「Yちゃん帰るよ送るから」

この時、Yちゃんの方からキスをしてきました。

「Yちゃんおじさんをからかっちゃダメだよほら帰ろ」

「所長~私のこと嫌いなんですか」

「好きとか嫌いとかの問題じゃないでしょが明後日結婚式でしょ」

「結婚したくない~Tも嫌い今は所長が好き」

「冗談いってないで頼むから帰ろうね」

「イヤ、帰らない所長と一緒に居る」

「Yちゃん・・・」

T君には悪いと思いましたが据え膳食わねばなんたらの状態です。

Yちゃんを抱き寄せディープなキスをし、ブラウスのボタンを3つ外しました。

水色のブラに包まれたバストは85のCカップ位でしょうか。

ブラのストラップを片方外し左の胸が露わになりました。

張りのある綺麗なお茶碗方で色白のせいか乳輪も乳首の色も薄く私の興奮も高まりました。

乳首を指先で触ると

「あうぅぅ」

と切ない声が漏れました。

ブラウスを脱がせブラのホックを外しました。

ウエストは引き締まっていますが上腹がポコっと出ていて炉好きさんにはたまらない体型です

ソファから一度立たせてスカートを脱がせます。

ブラとお揃いの水色で横紐のショーツです。

再度、ソファに寝かせピンクの乳首を下で転がします。

唇で乳首を挟みながら手をショーツのクロッチの部分に這わせると少しですが湿り気が感じられました。

口で左胸右手で右胸左手で濡れてる部分を触ります。

左手をショーツの脇からマムコに挿入した瞬間、

「あっあっあ~ん」

と大きな声が事務所に響きました。

最初は中指だけでしたが人差し指、薬指と挿れ、中指だけ奥に届くように責めました。

「あっあっあっ」

と小刻みな呻き声がしたかと思うと、私の手に生暖かいものを感じましたどうやら潮を吹いた模様です。

「なんか出たよおしっこ出た~」

「おしっこじゃないよYちゃんが気持ちよくなった証拠だよ」

ショーツもぐちゃぐちゃになったので脱がせ全裸にしました。

「今度はYちゃんが僕を気持ちよくさせてくれる」

と言い、ズボンのベルトを外しいきり立った物を差し出しました。

Yちゃんは小悪魔的な笑みをしながら口に含んでくれました。

経験があまりないのかぎこちない感じのフェラですが、一生懸命奉仕してくれ時々上目使いで私の方を見ます。

ここで再度、T君への罪悪感が起こりましたがブレーキはききません。

Yちゃんを抱きかかえ対面座位の体勢になり、びちゃびちゃになった部分にフェラで先走った物をぬぷ~と挿れました。

文字にすると

「あひゃぁぁぁ」

という声がYちゃんから出ました。

腰痛気味なので激しいグラインドは出来ませんので小刻みに動かします。

Yちゃんの綺麗な胸にむしゃぶりなが立ち上がり駅弁の体勢になりました。

Yちゃんは私の首に手を廻し、鎖骨の下の部分を噛んでます。

これ以上経っていると腰にきそうなので、一度抜いてYちゃんをソファに四つん這いにさせました。

ソファの背もたれの部分に手をつかせバックから挿入。

この体勢なら腰に負担もかからないので、メータが振り切れそうな程ピストン全開です。

「いぃいぃ所長気持ちいい変になっちゃうあああぁぁぁぁぁ」

私も頂点に達しそうで外に出そうと思いましたが、少し中に出た感じがしました。

抜いて残りを背中にたっぷりとかけました。

手近な場所にテッシュがなかったので、Yちゃんにそのまま動かないでといい、全裸で自分のデスクまでテッシュを取りに行くという間抜けな感じです。

タオルを濡らしてYちゃんの背中を拭きお互いに服を着て、

「今の事はお互いに墓場ネタだね」

とYちゃんが笑いながらいいました。

途中何度かT君から電話があったようですが

「爆睡してた」

と言うらしいです。

二人で事務所を出た時、新聞配達の兄ちゃんと出会わし焦りました。

披露宴のスピーチの時には軽い罪悪感になりましたが、なんとか話せました。

キャンドルサービスで席にきたときYちゃんが、

「所長には色々お世話になり感謝してます」

と言われ、すこしドキドキしました。

T君とは事務所も違い、結婚生活について話を聞くこともありませんでしたが、T君の上司よりハネムーンベィビーでYちゃんのお腹が大きいと聞きました。

驚いたのは今年の正月、Tくんからの年賀状で凍り付きました。

子供と3人の年賀状ですが子供の顔が私の子供の時とソックリなのです。

T君と血液型は同じだったので血液型ではわからないと思います。

多分、Yちゃんは気づいているとは思うのですが今の時点で何の連絡もありません。

4月の移動でT君が事務所に戻ってきます。

今まで昇進試験を避けてきましたが、流石に毎日T君の顔を見ることができないので、試験に通れば移動願いを提出するつもりです。

4月の移動でT君が事務所に戻ってきます。

今まで昇進試験を避けてきましたが流石に毎日T君の顔を見ることができないので試験に通れば移動願いを提出するつもりです。

最後に萎えさせる話ですみません。