20歳の初心だった頃に…

閲覧数:228 ビュー 文字数:4358 いいね数:0 0件

私が二十歳の時のことです。(数年前)

就職、一人暮らし、夏に初めて彼ができ、三ヶ月で別れ、といろいろあった年の冬の事です。

目が悪い私は、ひとりでメガネを買いに行きました。

大きなデパートのめがね屋さんで見ていると、後ろからソフトな声で、

「どんなタイプをお探しですか?」

店員さんです。

スーツを着て清潔な雰囲気の30歳くらいの人。

買うつもりですから、いろいろ相談にのってもらいます。

詳しいし、話がうまい。

まあそれが仕事ですもんね。

私の目はかなり複雑で、コンタクトもあわないし、苦労してました。

視力はそんなに悪くは無いんですが、

「そうしたら、機械じゃなくて、直接測りましょう「

と三つ並んだ検眼室の一番奥へ、案内されました。

入って遮光カーテンをシャッと。

暗い中で、トークしながら、時々笑わされながら、検眼。

顔も近づくし、かけたりはずしたりで、顔に指がふれるし、男の人とは思えない、綺麗な指です。

2時間もいたんです。

検眼室に、

「メガネいやなんですよ~」

というと、

「凄く似合うかけたほうがいいよ。」

と、まあめがね屋さんですからねw

あ、私は、身長161cm45㌔、黒髪ストレートロングそしてメガネです。

とにかく感激したのは、ピッタリのメガネを作ってもらえたこと、今まで一度もなかったんです。

技術持ってる人ってすごいなと。

数日後できあがって取りにいって、その時その人はいませんでした。

その夜のことです。

家に電話がかかってきました。

その人からです。

電話番号、住所、氏名、年齢、すべてメガネを買うときにおしえてあります。

彼は、

「取りに来てくれた時、いなくてすみませんね。どうですか」

「もうすっごくいいです!」

「そう、良かった」

声がよくて、話が面白いので、そのまま話し込んでしまい、

「休みの日に一度会わない?」

と言われて、OKしました。

ええ、そうです。

私は世間知らずのおバカさんです。

数日後、近くの喫茶店で会いました。

実は、大人で、優しくて、お兄さんみたいとか思ってたんです。

外見はあまり好みじゃない。

おしゃれすぎるんです。

ワイルド系がほんとは好み。

でも、とにかく声がいい。

×いちの独身と知りました。

家まで送るといわれ、断ったけど、住所知られているし、車で送ってもらいました。

その後も彼のマンションの一階にある喫茶店で一回会って、私のほうはお友達モードです。

夜電話もちょくちょくかかってくるようになりました。

そんなある夜のこと、10時位に電話があって一時間半くらい話し込み、その間彼は電話の向こうでずっと飲んでました。

氷の音が聞こえます。

でも、口調とか全然変わりません。

次から次から話題が豊富で飽きないんです。

ところが、

「そろそろ切らなくちゃ」

と言うと

「明日休みでしょ?俺も休みだから、もっと話そうよ。いや、なんだか会いたくなった。行っていい?」

なんですって!お兄さん

女子高、短大出で、おくての私は夏にやっとHしたばかり、しかも2回だけ。

これから、来る?とんでもないです。

お兄さん。

「だめですよ。困ります」

「いや、行く」

ガチャリ受話器が置かれました。

ま、まずい。どうしよう。

はい、すさまじく世間知らずです。

そのころ私は、お金も無かったので、二階建てアパートの一階角部屋に住んでました。

玄関は全部外に付いているあれです。

安アパート。

無用心ですよね。

ほんとに。

30分ほどしてから、ピンポーン。

「ゆかり(仮名)ちゃん~開けて」

「ど、どうやって来たんですか」

「地下鉄」

「ダメです。帰ってくださいよ」

「もう、地下鉄ないもの」

「タクシーで帰ってください」

「お金、一銭も持ってない!」

威張るか普通、そんなこと。

けっこう私、必死です。

絶対、家にあげるわけにいかない。

あげたらあれだ、H、オッケ~って事になっちゃう。

家の中が汚いわけじゃないですからね。

ここんとこ強調しておきます。

30分くらい押し問答したでしょうか。

お兄さん酔ってるから、聞き分けが無い。

「お金、貸しますから、タクシーで帰ってください」

「いやだ。帰らない、ここで寝る」

玄関の外で、ズルズルとくず折れる音。

待ってください。

冬ですよ。

外ですよ。

死にますよ。

今、思えば、入ってもらえば、良かったんです。

そして、

「手を出さないでくださいね。」

って釘をさして寝かせてしまえば、良かったんです。

予備の布団もあったことだし…。

でもそんなふうに判断できない。

とにかく家には入れられない。

その一心。

私、ジャケットを着て、外に出て行きました。

コレが大きな間違いでした。

「ほら、立ってください。行きますよ」

「ん~どこへ~」

「24時間、開いてるお店あるでしょう。そこに行きましょう。朝まで付き合いますから、朝になったら地下鉄で帰ってくださいよ。」

「ん~」

ぐでんぐでんの彼を引きずるようにして、家の玄関から遠ざけます。

ほっこれで一安心。

少し歩くと、地下鉄の駅やら、レストランやらありますから、とにかくそこまで…

いきなり、後ろからガバァっと、抱きしめられてしまいました。

「あ、あのAさん、大丈夫ですか?具合悪いの?」

「……」

「ふたりになれるとこ、行ってくれる?」

笑わないでください。

判らなかったんです。

意味が。

「あ、そうですか。はい、いいですよ」

ふたりになれる店、どっかにあったかな?

彼がタクシーをとめて、はじめて!!

ばかだっあたし~!

押し込まれるように乗って、

「いちばん近いホテル行って」

やっぱり~!

こういうの墓穴を掘るって言うんですか?

到着すると、かれが

「やば、俺、金持ってない」

あなたも判断力、ゼロですか。

「ホテル代も…」

「……いいです。私、出します…」

和姦成立ですね。

もう、ばかかと、アホかと。

ところが、部屋に入っても彼、頭をかかえこんじゃって、座ったきりで、かなりの泥酔状態のようです。

足がふらついてます。

「大丈夫ですか?」

「……」

私のほうは、はじめてホテルに来たので、めずらしくて、へ~結構明るいんだな。

照明のスイッチどこだろう?とか、彼が動かないのでチョッと余裕。

そのうち、彼。

わたしの顔を両手で挟んで、メガネをとって、

「コンタクトにしたら?素のほうがきれい」

あ~そうですか!

営業トークに騙されましたよ。

もう、その後はきれいとか、可愛いとかいうけど、耳に入るか~!

ってベッドに押し倒されました。

彼の家、タクシーで送るには遠いかなって。

あたしだって貧乏だもん!

でも結局ホテル代まで…

ばか

じ~っとしているので、どうしたのかなって思ったら

「起たない」

え?ほんとここにいたってもホッとする私。

でも、それが甘かった。

いきなり私を脱がせ始める彼。

ちょ、ちょっと、待って!

抵抗するも無言で、酔ってます!

この人!

下だけ全部ぬがされてしまって、恥ずかしい姿。

足を広げられて…

明るいんですけど、ここ。

せめて、照明くらい落としたい。

「あの、暗くしたいんですけど」

「いい」

こういう人だったんですか?お兄さん。

じっくり見られてしまって。

「きれい…」

って言われても…

「いや…」

としか言いようがないです…。

結局、全部脱がされて、指を二本。

痛っでも何もいえないあたし、いきなり挿入ですか、荒っぽいですよ。

ぐりぐりされても痛いだけ、濡れません。

それよりずるいですよ。

服きたままじゃないですか。

抱きしめられて、はぁ~とか、ため息つかれても困るんです。

服を着ようとしても、返してくれないし、トイレに行くとドアを閉めさせてくれません。

「や、すいません!閉めなきゃおしっこできないから!」

「だめ」

「ほんとに、お願いですから」

「見ててあげる」

何言ってんですか、もう!

結局5時くらいまで触られたり、指を入れられたり、抱きつかれたり、見られたり、した挙句、彼は爆睡しました。

どうしようかと思いつつ、一人でお風呂に入り(入ってみたかった)、トイレの窓から見ると、夜がしらじらと…

起こしたら、第2ラウンドでしょう。

それはもう。

それでも1時間くらい待って(?)いたけど、ヤメタ。

メモかいて、お金ないっていってたから、三千円置いて(気付くかな)帰りました。

ああふらふらする。

家に帰ってそっこー寝ました。

ん?電話がなってる。

「はい…」

「なんで帰ったの」

怒ってます。

怒ってますね…めちゃめちゃ。

「家まで行ったんだよ。電話も何度もした」

時計を見ると、午後一時。

「寝てました…」

「……」

なんかブチッって音が。

「俺、このままじゃ収まらないから」

あ、そうか気持ちよくならないんだ。

この話だめじゃん今、気が付いた。

でも相手が泥酔ですから、無理です。

すいません。

結局、今度は車で迎えに来た彼とホテルに行ったんです。

気持ちよく書こうとすると時間がかかるので、要望があれば、書き溜めて今夜にでもうpします。

長々ごめんね。