泥酔しておやすみモードの麻里ちゃんを…

閲覧数:79 ビュー 文字数:2599 いいね数:0 0件

去年の夏前、イベントの打ち上げで20人位で飲んだ時なんだけど…。

1次会がお開きになる頃、俺も周りの連中もいい感じに酔ってたんだ。

んで、女の子たちに軽ーく抱きついたりしてたんだけど、その中の1人がチンタッチしてくるじゃないですか!

「行けるか?」

なんて思いながら流れで他の子とも抱き抱き。

麻里ちゃん(あやや似?)と抱き抱きしてるとなんと目を閉じて顔が俺のほうを向いてる!!

「イタダキマース」

とばかりに、

チュッ!!

久しぶりのキスだったので、既に半勃ちです…。

残念ながら2次会にはチンタッチ娘参加せず。

でも麻里ちゃんは参加。

もちろんすかさず隣の席をキープしましたとも。

で、何かの流れで

「口移しでフライドポテトを食う」

ということになり、既に半分睡眠中の麻里ちゃんをたたき起こして再び唇ゲット!

反対隣の師匠に白い目でまられマスタ。。。

この時点で麻里ちゃんは生中4~5杯、チューハイ浴びるほど、カクテル嗜む程度飲んでたので完全無欠の酔っ払い。

普段からお酒は強く、ペースも知ってたのに何故?って感じだったんだけど、俺にとっては儲けモノ。

ここぞとばかりに口移しでエサを運んでやりました。

しまいには俺の膝枕でおやすみモードに入ってしまったので、

「麻里ちゃん家まで送ってくるわー。」

と周りに伝え肩を抱いて店外へ。

残った連中からは

「狼になるなよー」

と釘をさされ、

「ちゃんと家に送り届けて帰るから。おやすみー」

と、心にもないことを言い放ち、タクシーでいざ麻里ちゃん家へ。

麻里ちゃんの部屋は3階だったんだけど、足元もおぼつかなくなってたので、おぶって階段をダッシュ!

心はベットの上です。

意外と広い部屋に驚きながらも、とりあえずベットに寝かせ、その脇で

「ど・う・し・よ・う・か・な?」

としばし思案。

麻里ちゃんは薄いニットにジーンズ姿だったので、

「ジーンズをぬがさにゃ始まらないな」

という事で優しく、

「そのままじゃ寝にくいでしょ?パジャマに着替えないの?」

「ぅぅん、きがえるぅ。パジャマ取って」

「どこにあるの?これ?」

「それ。ぅぅん、ムニャムニャ…」

結局半分寝たままだったので、しょうがないな~とばかりに着替えのお手伝い。

薄いニットを脱がすと紫のハーフカップのブラ。

素敵杉!

「ブラも取るの?」

と、一応聞いたけど返事がないため、ついでに剥いちゃいました。

小ぶりなオッパイにチッチャイ乳首。

もうビンビンです。

ついつい乳首を舌で転がして遊んでると、

「今日はHしないの。もう寝るんだから~。ムニャムニャ」

と寝言とも本音とも取れない言葉。

まあ、着替えの途中だし、、、。

前開きのパジャマの上を着せて(もちろんボタンは全開のまま)ジーンズを脱がしにかかりました。

ジーンズを下ろすとベージュのぱんてぃが丸見え。

ついでにジーンズに少し引っかかってたのかパンツまでずり下がってる~~!!

軽ーくぱんてぃにタッチすると少し湿ってるし。

「女の子は寝る時は下着は付けないんだっけ?」

と勝手に思い込み、パンツも脱がしましたさっ!

パンツにはチョビッツ染みがついてたから、本体を確認するとぬめってる。

クリをツンツンすると、

「うーん、もうだめだよ~」

そんな事言われたってもう止まれませーん。

太もも周辺にキスしながら自分も下半身全裸へ。

チン小先走り汁出してるし指と口でアンコへ集中口撃。

もう片方は乳首をコロコロ。

「ぁぁーん、なんかきもちぃぃ…」

あれ?ひょっとして起きちゃった?

でも抵抗もないし・・・。

上半身はパジャマが乱れ、下半身は全裸の姿に萌え~!

辛抱たまりませーん。

いざ突入開始!!

中はキュッ、キュッと締まります。

ザラザラしてるし。

ひょっとして数の子?

と思いつつ、浅く、浅く、深く、を繰り返す俺。

「ああーん、なんか入ってるー!」

「もうチョッと奥までー!」

声のトーンが思いっきりかわりますた。

リクエストに応えて、まんぐりがえし?

で奥~の方に届くように深く!深く!深く!!

「あぁーん、ダメダメ、だめだってばー!!」

「イク、イキソー、ぁん、ダメー!」

ダメとイイを繰り返す麻里ちゃん。

持てる技をフルに出し切りがんばる俺。

「なかザラザラしてて気持ち良過ぎ!麻里ちゃん、どう?」

「ぁん、逝きそう、奥がいいの。」

「俺も逝きそうだよ。一緒にイコ!」

「ああん、イイ、イイ、逝っちゃうー!!」

「俺も、俺も、ぅっ、あぁー」

何とかお腹の上に放出。

どうやら麻里ちゃんも逝けた様子なので一安心。

後始末をしてパンツをはいて…って間になんかまた寝ちゃってるよ、この娘。

パジャマ代わりのショートパンツをはかせて、ボタンを留めて、俺はなぜかジーンズもはいて、腕枕したまま寝ちゃいました。

翌朝、麻里ちゃんの

「あれっ?」

という声で起きました。

俺の脚をさわさわしてるので、(おっ?)と期待して

「おはよう。」

「ぉはよぅ、、、何で一緒に寝てるの?」

「えっ?ぃや、ナントナク…」

「でも、ジーンズはいてるから、やってないよ、、ね?」

「えっ、、、うん。なんにも。。。。。。」

「あっ、もう10時!お昼から用事があるの!!シャワー浴びるから…帰ってくれる?」

「あっ、はい、、、お邪魔しました~」

って事になっちゃいました。

それから麻里ちゃんとは会う機会が減ってしまい、この件について話すことはなかったのですが、ほんとに覚えてない?

それともなかったことにしたい?

どっちでしょ?