BARで再会した泥酔してた同級生と。

閲覧数:231 ビュー 文字数:5184 いいね数:0 0件

つい2週間前の事です。

ゴールデンウィークといえど、特に予定の無いオレは久しぶりに実家に帰りました。

一日(土)に地元の旧友と連絡を取って学生時代の思い出なんかを語りつつ、ふと時計を見るともう11時。

SEの友人は次の日も仕事との事で、解散しました。

しかし、何か飲み足りないオレは駅前のBARに。

そしたらびっくりですよ、同級生だったU美がバーテンやってたんですから。

「おーっ!、久しぶりー!」

と声を掛けると、むこうはちょっとキョトンとしてから

「えー?K君?うそー、オヒサだねー!」

と。

そしてU美の前のカウンターに座ろうとした時、カウンターに突っ伏して寝てる一人の女性・・・(S・・?)

そう、これまた同級生だったSが酔いつぶれていました。

オレ「どうしちゃったの、コレ?」

U美「んー、なんかね、彼氏とうまくいってないらしい。」

オレは、学生の頃Sが好きだった。

でも、当時から大人っぽくてモデルみたいなSとクソガキだったオレ。

どう考えても高嶺の花で、オレは告る事も出来ないまま卒業した。

ちなみにSは、山本梓と山田優を足して2で割ったような感じの子です。

とりあえずSの隣に座って、

オレ「S、おーい。起きろよー。Kですよー。」

S「んー、うるさいー。」

オレ「うるさいとは何だコノ。」

とほっぺたを軽くつねると、

S「いたたた、何!?」

やっと起きますた。

オレ「あ、起きたー?久しぶり♪」

S「あーっ、Kだー!何でココに居るの?」

オレ「何でもいいじゃん、隣良い?」

その時このスレを知ってれば、酔わせてお持ち帰りとか企んだんだろうけど、久しぶりに会ったSにドキドキでそんな事はこれっぽっちも頭に無かった小心なオレ。

しばらくまったりと飲んでました。

12時を過ぎた頃・・・。

U美「あの、そろそろ店終わりなんだけどなー。」

オレ「なぬ?何でそんなに早く店閉めんだよ。」

U美「こんな田舎じゃ、この時間にBARに来る人なんていないのよ。」

確かに、周りを見てみりゃ客はオレら2人のみ・・・。

オレ「S、もう帰る?」

S「んにゃ、もうちょっと飲みたい・・・。」

オレ「じゃあ、場所移そう。U美、仕事終わりなら一緒に来ない?」

U美「ゴメン、あたしバイト掛持ちでさ、明日朝から仕事なんだー。」

オレ「そっかー、残念だ。じゃあS、行こう。U美、勘定。」

U美「7万になりますー。」

オレ「高っ!ぼったくりBARですか、ココは?」

U美「冗談よ(笑)、久しぶりの再会だし、ここはおごりで良いよ。」

オレ「マジっすか?サンキュ-!」

U美「そのかわり、Sをよろしくね。」

(よろしく?何をだ・・・?まあいいか。)

オレ「さて、どこ行く?」

S「海・・・。あの海。」

オレ「あの海?・・・ってどの海?」

S「学祭のあと、みんなで行った海・・。」

オレ「ああー、あの海!」

・・・ってどこだっけ?ヤバイ、思い出せオレのHDD!カリカリカリ・・・。

うむ、思い出せん(汗)。

まあ、途中までナビさせればその内思い出すでしょう。

というわけでGO。

―この後、無事どこの海か思い出し、到着しますた―。

オレ「浜まで行く?」

S「んーん、風も強いし、車で話そ」

途中のコンビニで買った酒を飲みつつ話していると彼氏の話題に・・・。

オレ「さっきU美から聞いたけど、その・・・うまくいってないとか」

S「うん・・ねぇ、なんで男ってみんな浮気すんの?」

オレ「みんなって・・オレ、浮気した事無いけど」

S「ウソだー。Kってモテそうじゃん。女の子がほっとかないでしょ。」

オレ「いやいや、ホントだって。それにオレ、モテないよー。」

S「そうなの?そっかー、Kみたいな男を捜せば良いのかー。」

オレ「あはは、そうそう!ってゆーか、オレでも良いぞ(笑)」ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿・・・ヤベ、言っちゃった・・・。

S「・・・。」

オレ「あ、いや、なんつーかその、例えばであってだな。」

S「Kさぁ。」

オレ「ん?」

S「あたしの事好きだったんでしょ?」

オレ「き、気付いてたの・・?」

S「まあ、態度とかわかりやすかったからね~。」

オレ「も、もしかしてSもオレの事好きだったとか?」

S「んーん、それは違う。」

あぼーん。

オレ「あ・・・そう。」

S「だって、あの頃のKはまだ子供っぽくて・・・でも、今のKなら・・・」

オレ「え?」

S「ねぇ、したい?」

オレ「くぁwせdrftgyふじこlpl;@!!??」

S「やだ?」

オレ「や、やだじゃないが・・・いいの・・?」

S「うん、いいよ。でもここじゃ・・」

車「クシュッシュッシュヴォン!ガコッ!キュキュキュキュ、フォォォッ!」

10分程でホテル到着(通常、30分ぐらいかかる道のりです(笑)

ソファに座って、もう一度確認。

オレ「ホントにいいの?」

S「うん・・・。」

オレは肩に手をまわして抱き寄せ、チュとキスして目を見つめました。

その後、Dキス。

ちゅ、くちゅと舌を絡めながらお互いの唾液を交換。

Tシャツの上から胸を触ると、心地よい弾力が返ってくる。

Dくらいかな?

唇を離し、耳→耳裏→うなじ→あご下→鎖骨と舌を這わせると

「くふん、あ、はぁっ」

と可愛い声が漏れる。

S「ねぇ、シャワー浴びてからでもいい?」

オレ「ん、じゃあオレが先に浴びる。」

そしてフロへ。

終わって交代。

しばらくしてフロのドアが開く音。

エロモード全開のオレは、たまらず脱衣所に突入!

驚きで固まっているSを抱き寄せ、再びDキス。

S「ん、んむぅ・・はぁ、ねえ、ベッドで待っててよ」

オレ「いや、ここで」

S「ええぇ?んむっ」

また唇を塞ぐ。

左手は胸、右手は腰を撫でる。

S「はぁ・・んふぅ・・」

唇を離し、左の乳首に吸い付く。

S「んんっ!んっあぁっ!」

左手の人差し指をSの口に、右手はSの尻を撫でる。

Sはオレの指を愛おしそうにしゃぶったり舐めたりしている。

すごくエロい。

オレはSの背後に回った。

顔だけ後ろを向かせながらDキス。

左手は乳首をこね回しつつ、右手を秘部へ・・・驚いた。

Sのアソコはこれでもかってくらい濡れまくっていた。

体を拭いていなかったので、お湯かな?とも思ったけど、お湯とは明らかに異質な液体が太ももまで伝っている。

オレ「S、すごいよココ」

と言いながらクリを触ると、

S「あんっ、はぁ、だって・・なんかすごいエッチだし・・・」

しばらく触っていると、Sの身体が少し震えてきた。

オレ「寒い?」

S「ううん、寒く、あんっ、ないよ、んふぅ・・でも、もう立って、んんっ、られないよぅ・・・」

確かに、30分近く立ちっぱなしで愛撫してりゃキツイわな。

ってことで、Sを洗面台に座らせ、M字開脚♪

おおう、丸見えだー!

S「イヤぁ・・恥ずかしいよー・・・。」

オレ「恥ずかしくないよ、Sのココ、綺麗だよ。」

クリに吸い付き、甘噛みしつつ指を挿入。

チト辛い動きだが、ほとんどの女はこれでイク。

S「あああッ、あんっ、あ、あふぅ、や、くぅ・・」

オレの頭を掴む手に力が入ってくるのがわかった。

オレ「イっていいよ。」

S「んっんっんっ、あはぁっ、ダメ、イク!」

オレの頭を両ももできつく挟んで、Sの身体がビクッビクッと震えた。

オレはSを抱っこしてベッドまで運んだ。

Sは息を荒げて倒れている。

オレ「ねぇ、気持ち良かった?」

S「はあー・・うん気持ち良かった・・凄かった(笑)」

S「あたしね、彼氏とHしててもどこか冷静で、イキそうになると怖くなってやめさせちゃうの。」

S「でも、さっきはもうわけわかんなくて、何も考えられなかった。初めてイッたよ・・。」

オレ「へぇ、じゃあオレがSを初めてイかせた相手なんだ?」

S「そう。ホント気持ち良かった・・ねぇ、次はKを気持ち良くさせてあげたい。」

そう言ってSはオレの本体を口に含んだ。

・・と思ったらいきなりディープスロートっ!

さ、先っちょがノドの奥に当たってる、マジ気持ちいい!

そうかと思えば今度は舌を回し、オレ本体を口の中で転がす。

うお、これも(・∀・)イイ!

情けない事に、既にイキそうなオレ。

オレ「S、イキそうだ・・・。」

S「ん、いっていいよ」

そう言って高速ピストンに切り替えた。

ジュッポジュッポ。

オレ「ううっ、出るー!」

ビュッ、ビュクッ、ドクドクッ!とSの口に大量に出した。

Sは精液を手のひらにダラーっと出して、

「すごい量だー(笑)」

と笑った。

いつもなら出すと萎えるのに、今回はまだヴィンヴィン。

まるで十代の頃に戻ったみたいだ。

ガラスの十代。

オレ「S、入れてもいいか?」

S「うん、入れて欲しい・・。」

オレは、もう一回SをイかせようとOL50人(←いいね、コレ)になり、クリを舌で転がした。

S「あぁ、あふっ・・・気持ちいい」

そして、さっきのようにクリを甘噛みしつつ指を挿入。

お腹側の少しザラついた部分を刺激する。

S「ああーっ、いい!あんっ、ダメっ、すごい!」

Sの喘ぎ方がさっきよりも激しくなった。

きっと、イク事が怖くなくなったからだろう。

S「やっ、はっ、だめ、もう、イク・・・んんはぁっ!」

イク事を覚えたSはあっさりと昇天した。

ぐったりとしてるSにオレは間を空けず挿入した。

S「ああぁっ、あぁ・・グスっ、気持ち良いよぅ・・・」

何故かSが泣いている。

オレは動きを止めて、

オレ「S?どうした?泣いてるの・・・?」

と聞くと、

S「あれ、何でだろう・・?なんか、勝手に涙が出てくる・・・。」

オレ「オレとこうなったの後悔してるの?やめようか?」

S「ううん!違う!そうじゃない、今すごく幸せな気持ちだし・・あたし、彼氏とHしててもこんな気持ちになった事無いの。」

オレ「なあ、その彼氏の事、ホントに好きなのか?」

S「わかんない・・あたし以外にも女の人と付き合ってるし、クリスマスとかも一緒に居てくれなかったし・・」

・・・オレはまた腰を動かした。

激しく、激しく、今まで生きてきて一番頑張った瞬間だったかも。

S「んっ!やっ、も・もう少し優しく・・・」

オレ「Sっ!オレと付き合おう!オレがSを幸せにする!絶対!幸せにするから!」

S「んっ、ああっ、うんっ、付き合うっ!好き、ん、はぁっ!」

オレ「S、好きだ、好きだー!うっ、ああ!」

―ドクッ―

Sの中に精液が流れ込んだ。

S「あ・・熱い・・。中が・・。」

オレ「ゴメン・・中に出しちゃった。」

S「ん、大丈夫。あたし生理不順でピル飲んでるから。」

オレ「そっか・・・。なあ、このままでいてもいいかな?」

オレはSの上に倒れ込んだ。

S「ふふ、疲れたでしょ。すごい動いてたもんね。」

オレ「あ、ははっ。つーか、入れながら告白って初めて(笑)」

S「普通初めてだよっ!いいのかなー、こんな始まりかたで・・・。」

オレ「え、うそ?付き合わないって事!?」

S「さー、どうでしょう?」

オレ「えええぇー?」

と、こんな感じでいちゃつきつつ、朝を迎えました。

その後、Sはちゃんと彼氏と別れ、俺と付き合ってます。

酔った時のH体験談投稿募集中

当サイトでは皆さまからのリアルな酔った時のH体験談を募集しています。ろれつが回らない女、意識が朦朧としている女など、泥酔した時にやらかしたエロい体験など、お酒にまつわるエッチな体験談をお寄せ下さい!
投稿する