Wデートのあと友人の酔っ払った彼女と

閲覧数:304 ビュー 文字数:2504 いいね数:0 0件

俺=T親友=ケンジ、女友達1=恭子(小さくてYOPPY似)、2=愛子(ちょいギャルの松島奈々子似)。

高校時代、俺は女友達含めて4人でいつも遊んでいた。

ケンジとは高1の頃からよく遊んでいた気の合う奴。

恭子は俺の片思いの相手。

愛子は恭子の友達。

そして高2になって恭子と同じクラスになった。

俺はかなり嬉しくて毎日なにかと理由をつけて遊んでいた。

ケンジと愛子もそんな俺を見かねてか協力してくれた。

そして周りの支援もあってか、俺と恭子はだんだん仲良くなり、高2の6月くらいに付き合った。

それはそれはたまらなく嬉しかった。

速攻でケンジに付き合う事を連絡すると、

「これでWデートができるな!」

って言った。

俺は

「えっ!?ええ!!?愛子と付き合ってんの??」

ケンジによると俺と恭子の事でよく二人で電話してたらしく、話をしてる内に付き合う事になったらしい。

俺はなんだか自分にも彼女ができて、親友にも彼女ができたことで毎日が幸せだった。

そんな幸せな日々が2ヶ月と続いた。

学校も夏休みに入り俺は勉強もせず恭子やケンジカップルと遊んでいた。

ある日、恭子が

「○○川で4人で飲もうよ!」

と言った。

高校生の頃は金もなかったしコンビニでチューハイを大量に買って、俺たちはたまに川に集まって宴会ごっこをしていた。

4人とも夏休みということもあってか、飲みまくっていた。

そうこうしてる内に夜中の12時を回ったところで、恭子が

「そろそろ帰らなきゃ」

と言い出した。

恭子の親が怒って電話をしてきたみたいだ。

俺も親に嫌われたくなかったので恭子をみんなで送り届けて、俺たちもお開きにすることにした。

俺と愛子は帰る方向は一緒だったが、ケンジは帰る方向が逆ので、ケンジは俺に

「愛子頼むな~。襲うなよ笑」

と冗談を言って笑顔で帰っていった。

俺と愛子は帰りながらべらべらと喋り、かなり酒が入っていたせいもあってか、話は途中からお互いの彼女、彼氏の不満を延々と言っていた。

ふと愛子が

「最近本気でケンジと別れようかと思ってるんだ。」

と言い出した。

俺はケンジからいつも仲良くやっていると聞いていたので驚いた。

愛子はケンジの事を話している内に涙目になっていき、俺は焦って頑張って慰めた。

話している内に愛子の家の前に着いていた。

「愚痴聞いてくれてありがとっ」

と愛子は涙目で満面の笑みを浮かべた。

俺はキザったらしく

「お、俺でよかったら愚痴ぐらいいつでも聞くからさ」

愛子は

「Tちゃんが彼氏だったら良かったかな・・・」

俺はこの瞬間無性に切なくなり愛子を強く抱きしめた。

愛子もその瞬間泣き出した。

俺の理性とは裏腹にアソコは固くなり始めていた。

愛子は切なそうな顔で

「Tちゃん・・」

と言い、俺の理性は完璧にふっとびディープキスをし始めた。

愛子の唇は柔らかく、お互いの唾液でくちゃくちゃ音がした。

俺は非常階段の方へと愛子を連れて行き、続けた。

愛子のタンクトップをブラジャーと一緒にめくりあげたら大きくはないが形の良い白くて綺麗なおっぱいだった。

俺が乳首をむしゃぶりつくと

「あん・・」

と喘ぎだした。

すぐに下の方へ手を伸ばし、パンツの中に手を入れると愛子のアソコはぐちょぐちょだった。

俺はまだ経験も浅かったのでひたすら早くかき乱した。

愛子はぎゅっと俺の手を握り

「んん・・・!!あんっ!あんっ!」

真夜中だったので愛子の声とアソコの音はぐちゃぐちゃ・・と卑猥な音が非常階段を響かせた。

俺の右手は愛子の愛液でびしょびしょになり、

「俺もやって」

とダッシュでパンツを下ろして言うと愛子はすっとしゃがみ、唾液を口に中に含みながらジュパジュパ・・と俺のを口一杯に咥えこんだ。

唾が隙間から漏れてプチュプチュと音がした・・。

愛子のフェラは生暖かく気持ちよかった。ケンジが羨ましい・・と心の片隅で思った。

俺は我慢ができなくなり、パンツをずらして生で入れた。

入れた瞬間、ぬるっとした感触がした。

俺は一心不乱に腰を振り続けた。

愛子は

「あぁ!あんっ!あんっ!はぁ・・くぅ・・!」

と気持ちよさそうに喘いだ。

俺のは尋常じゃないくらい硬直していた。

「Tちゃん!Tちゃん!」

と愛子は言いながらきゅうっと締め付けてきた。

ちらっと愛子のアソコを見ると白いとろとろした物が出ていた。

後からわかったんだが、本気汁というやつだったのかもしれない。

愛子は

「Tちゃんの固い・・!気持ちいい・・・!」

と言い、またもやきゅうっと締め付ける。パンパン・・!と音が響き、さらに愛子の声が大きくなり、声が階段を響かせた。

「あぁぁぁ・・!くぅ!」

愛子はもうイキそうだった。

俺も限界に達してぬるっと素早く抜いて愛子の尻にドクドク・・・と大量に発射した。

「はぁはぁ・・・」

と二人とも燃えきったようだった。

愛子は

「えへへ・・Tちゃん」

と笑い、軽いキスをした。

その日は爆睡して、夕方過ぎに起きたら愛子からメールが入っていた。

「昨日は酔っててあんなことになっちゃってごめんなさい。恭子にもケンジにも内緒ね!」

こんな事言えるわけないだろ・・と思いながら後日またヤッてしまいました。

結局ばれずに済んだが今思えば、若気の至りです・・・。

以上です。下手な文章ですいません。

ちなみに恭子とは未だに(俺23歳)付き合ってます。

当作品は、個人による創作(フィクション)作品とご理解の上鑑賞ください。当作品には、犯罪的・倫理モラルに反する表現・タブー表現等が含まれますが、表現上の誇張としてご理解ください。

酔った時のH体験談投稿募集中

当サイトでは皆さまからのリアルな酔った時のH体験談を募集しています。ろれつが回らない女、意識が朦朧としている女など、泥酔した時にやらかしたエロい体験など、お酒にまつわるエッチな体験談をお寄せ下さい!
投稿する