気になっていた子を酔わせて告白してお持ち帰り

閲覧数:197 ビュー 文字数:2406 いいね数:0 0件

泥酔ではありませんが、先週の金曜、派遣の子たちの送別会がありました。

前から気になっていた伊藤さんという子を誘いたくて、2次会後、

「酔ったから帰る。」

と言う彼女を、

「最後だからもう1件飲みに行こう。」

と強引にバーに連れていきました。

彼女は22才、童顔で幼く見えますが体はぽっちゃりして肉感的です。

芸能人でいうと乙葉みたいな感じでしょうか。

黙々と仕事をするので、まじめで堅いイメージでしたが、休憩中に話してみると意外と人なつこく、会話も上手で笑顔のかわいい子だなと思うようになりました。

彼女は2件目で結構飲んでいたらしく、

「もうあまり飲めませんよー」

と赤い顔で嬉しそうに言ってます。

飲みながら、彼氏はいるけどうまくいってないとの話を聞き、

「うちの会社にいい人いなかったの?」

と聞くと

「○○さん(俺)素敵だと思いますよ…」

にっこり!

と。

いける!と思った俺は、すっかり目がとろんとしてきた彼女に

「実は俺、君のこと好きになったんだ。今日を最後にしたくない」

と告白。

店を出てふらふらしながら歩く彼女の手を引き、ホテルへ直行しました。

部屋に入ると壁を背に彼女を立たせ、両手で顔を挟んでキスしました。

おでこ、頬、唇に繰り返し軽いキスをしていると彼女から小さい吐息がもれ、されるがままだった彼女が俺の背中に両手をまわしてきました。

「ねえ、もっとキスしていい?」

と聞くとうなずいたので、彼女の両手を握り、壁に押し付けディープキスをしました。

ぴちゃぴちゃと音をたて、角度を変えて何度も舌を絡めます。

キスをしながらカーディガンを脱がし、シャツの上から胸を触ります。

思ったよりでかい。

乳首のあたりを親指でゆっくり撫で続けると、そのうち彼女から

「…んっ…あっ…」

と声が漏れてきます。

服の上からでも乳首が立ってくるのがわかります。

スカートの下から手を入れ、パンティをすっとなぞると同時に

「あっ…」

という彼女の声。

彼女の下着は湿っています。

俺は彼女の手を引いてベッドに座らせ、そっとベッドに押し倒していきます。

キスをしながら、シャツのボタンをはずしてブラジャーをとり、大きくて柔らかい胸をつかみます。

乳首は固く立っていますが、すごく柔らかい胸です。

乳首にキスをしたり舐めたりすると、体がびくんとなり胸はぷるっと動きます。

胸に吸い付いたまま、彼女の足の間にひざを入れ、右手を下着の中へ入れていきます。

彼女のそこはたっぷりと濡れていて、指でたどるとお尻までつたっているようです。

「…はっ…はっ…」

という彼女の荒い呼吸が聞こえてきます。

「すごい濡れてる。伊藤さんも俺としたい?」

と聞くと、半開きのとろんとした目で

「…はい」

と答えます。

彼女の足を開かせ、ぬるぬるの中指でクリトリスを触るたびに体がぴくっと動き

「んっ…あっ…」

と彼女の声も体と一緒に反応してくれます。

クリトリスを下から上へ何度もなでていると彼女の息が荒くなり、

「…あぁっ!…あんっ!」

という感じのあえぎ声になります。

俺は一気にパンティを脱がして彼女の間に体を入れ、

「いや、やめて」

という彼女を無視して舐めはじめます。

彼女の足を押さえてひざを舐め、太もも、足のつけ根を舐めます。

陰毛にキスをして両手でクリトリスを剥き出しにすると、愛液で光っています。

自分の顔を両手で隠していた彼女は、いつの間にか俺の頭をつかんでいます。

大きくなったクリトリスを舐めると

「…あんっ」

と体をのけぞらせています。

何度もそれを繰り返したあと中指を膣の中に入れ、壁の上をこするとくちゅくちゅと音がして

「…あぁっ!」

という声とともに、俺の頭が太ももで締め付けられました。

もう一度クリトリスを舐めようとすると、彼女が小さい声で

「…お願い…きて…」

と言います。

腰をおろしていくと彼女がよけるので、

「動かないで」

と言い中に入りました。

ゆっくりと奥に進むたびに

「…あぁっ!…ああぁっ!」

と彼女のあえぎ声は大きくなっていきます。

俺は動きを止め、彼女にキスをします。

「気持ちよさそう」

と言うと

「すごく気持ちいい」

と彼女は言います。

俺は彼女の足を肩に乗せ、ぐっと奥まで突きます。

「…んっ」

と彼女は声を押さえ目を閉じ、俺の腕をつかみました。

彼女の様子を見ながら角度を変え

「…あぁっ」

と声が出たところを何度も何度もゆっくりと突きます。

「あん…あっ…あぁっ!…あぁっ!」

彼女は激しくあえぎだし、俺の腕をつかむ力が強くなりました。

「いやっ…あっ…やめて!…いきそう…やぁっ」

彼女の声が変わります。

俺は

「いいよ、いっていいよ」

と同じところをゆっくり突き続け、彼女の頭を押さえながらキスをしました。

すると彼女の中がぎゅうっと締まりはじめ、俺のモノに絡みついてきました。

彼女が

「やっ、いやっ!やぁっ!あぁっ!!」

と叫び、声をつまらせると、彼女の中が熱くなり、激しい振動と力で締め付けられました。

しばらくその状態が続き、あまりの気持ちよさに俺もいってしまいました。

酔った時のH体験談投稿募集中

当サイトでは皆さまからのリアルな酔った時のH体験談を募集しています。ろれつが回らない女、意識が朦朧としている女など、泥酔した時にやらかしたエロい体験など、お酒にまつわるエッチな体験談をお寄せ下さい!
投稿する