交通事故でお姉さんが示談代わりに…

閲覧数:67 ビュー 文字数:2387 いいね数:0 0件

去年の夏の終わりの出来事です。

夜中の3時頃にチャリに乗ってコンビニに行こうとして、信号待ちをしていたら右折してきたBMWに突っ込まれてこけてしまいました。

そんなにスピードは出ていなかったのですが、溝にはまってしまい膝を擦りむいたので

「ごるぁあ!」

と怒ってやろうかと思い車に近づくと、川島なおみ似で30中頃のおねぇさんが出てきました。

「ごめんなさい大丈夫?」

と。

出てきたおねぇさんは白のブラウスに黒タイトのスカート。

網ストッキングに高めのヒールが似合うスレンダーな人でした。

近寄った瞬間に酒の匂いがしました。

「救急車呼びたいけど、飲んでるから示談にしたいんだけど、私のマンションすぐそこだから怪我の手当はするけど、免停になると困るから我慢してくれないかな。」

と言われました。

おねぇさんの家に入ってみたい気持ちの方が有ったのでおねぇさんの言うことに従うことにしました。

「家はあのマンションだから玄関で待ってくれる?」

といい、信号からすぐのマンションを指さしました。

チャリの方は大丈夫だったのでチャリに乗りマンションの玄関で待っていると、おねぇさんがやってきてエレベータで12階まで行きました。

エレベーターでブラウス越に見えた黒のブラが悩ましく思い、ちょっと大きくなってしまいました。

こざっぱりしたリビングに通されソファに座るように言われました。

おねぇさんはシャネルの財布から3万円を出して、

「自転車の修理代と言うことで取っておいて」

と言い、救急箱を探しに行きました。

救急箱を持ってきて膝にマキロンを塗ってくれるのですが、ブラウスのボタンを3つ開けているのでそんなに大きくない胸が見えてます。

コンビニに行くので短パンだったので大きくなったのがバレないか焦りました。

バンドエイドを貼ってくれると、

「すね毛とか全然無いんだねぇ、女の子の足みたい」

と太腿を触り始めました。

太腿を触る手が短パンの中に浸入してきて、トランクスを履いていたので手がお稲荷さんに当たりました。

「お店でおじさんの相手ばっかりだからフフ」

と意味ありげに笑いました。

お稲荷さんから大きくなった物の方に手が近寄ってきました。

「大きくなってるねフフ」

と笑いながら手が上下に動き始めました。

おねぇさんを寄せ付けて空いたブラウスから手を胸に入れました。

ブラの上からこぶりの胸を触ると、

「脱がして」

と言われたのでブラウスのボタンを外し、黒のブラジャーのホックを外すとBカップ程ですがきれいな乳首が現れました。

後ろ手に回り首筋にキスをしながら乳首をつまむと、

「胸触れると弱いからあんまり触らないで」

と身元で囁かれました。

言われたことを無視して乳首を徹底的に責めると、

「だめぇ~本当に胸弱いからだめぇ~」

小さめの乳首がだんだん大きくなるのがわかりました。

左手で胸を触りながら、スカートの中に手を進めると、パンストではなくて太腿までのストッキングでした。

レースのショーツと思われレースの刺繍に沿って円を描くように触ると

「だめぇ~いいあぁ」

という声がしました。

暫く触るとショーツの上からでもわかる位の湿り気を感じました。

これから一気にたたみかけようと思った時に、

「ピンポ~ンお風呂の準備が出来ました」

と音がしました。

「お風呂一緒に入る?」

と言われ、

「お風呂入ってゆっくりしよ」

と言われたので、ここで焦るより

「ゆっくりしよ」

の指示に従いました。

先に風呂に入り湯船に入ると膝の擦り傷が浸みますが、これからの事を考えると痛みも苦になりません。

暫くしておねぇさんがタオルで隠しながら入ってきました。

そんなに大きくない浴槽ですが二人で入り、おねぇさんを後から抱える格好で入り再び胸を触りました。

「胸はダメだって・・あぁあぁ」

だんだんと顔に赤身が増してきます。

のぼせそうになってきたので、浴槽に座ると何も言わずに大きくなった物を口に含みました。

若い子の単純なフェラではなく丁寧&濃厚なフェラに白旗寸前ですが、なんとか堪えることが出来ました。

水商売の前は美容院だったらしく丁寧に髪の毛も洗ってもらい、お互いの身体を洗い風呂を上がり、右手奥の部屋で待つように言われました。

言われた部屋は寝室でセミダブルのベッドが置いてました。

ベッドに座りベッドサイドに置いてた煙草で一服していると、バスタオルを巻いたおねぇさんが入ってきました。

点けていた照明の明るさを落とすと横に座りました。

バスタオルをはだきながらキスをしベッドに倒します。

胸を触りながら手を下腹部に持っていくと適度に濡れてました。

胸を中心に愛撫していよいよ挿入です。

入口は少し広いかなと思いましたが中の締め付けは年齢の割りにはなかなかの締まり具合でした。

「ピル服用してるから中でいいよ」

と言われたので、正常位→対面座位→騎乗位→松葉崩し→バック→正常位でフィニッシュしました。

終わった頃には外は明るくなってました。

帰り際に3万円を返そうとすると

「いいから取っておいて」

と言われました。

おねぇさんとはそれきりですが、ちょっとのケガでいい思いをしてお金まで貰い申し訳ないと思ってます。

酔った時のH体験談投稿募集中

当サイトでは皆さまからのリアルな酔った時のH体験談を募集しています。ろれつが回らない女、意識が朦朧としている女など、泥酔した時にやらかしたエロい体験など、お酒にまつわるエッチな体験談をお寄せ下さい!
投稿する