バイト仲間のAちゃん

閲覧数:78 ビュー 文字数:762 いいね数:0 0件

お持ち帰りというか、最初から家にいたからちょっと違うんだけど。

昨日、バイトの仲間で集まって俺の家で飲んでたんだ。

男3人女2人。

そのうち女1人は、次の日早番だったから11時頃に帰ったんだけど、もう1人(仮にAちゃんとする)は次の日非番だし、完全に酔っぱらってたからそのまま泊まることに。

既に寝てて終電もなかったんだけどな。

そのうち、俺も寝てて、ふと起きたらみんな寝てた。

俺も酔ってたから行動が奇妙なんだが、Aちゃんのほっぺを叩いて起こして、というか、ちゃんと起きたかもわからんけど、

「今から入れるけどいいよな?」

とかそんなことを聞いた。

Aちゃんの言動も奇妙で、

「寝てるから勝手にして」

とかそんなこと言ってた。

バイトではえっち系の話なんて全然したこと無いし、セックスするほどのつきあいがあるわけでもない。

Aちゃんは本当に寝てて、俺は何でか分かんないけど律儀にゴムつけて正常位で奮闘。

Aちゃんは

「う~ん…、う~ん…」

って唸るだけで完全にマグロ。

自己満足でイった後、自分のベッドにもぐって就寝。

次の日起きると、ちんこにゴムがはまったままで右手にAちゃんのパンツを握りしめてた。

ゴムは速攻捨てたけど、パンツはどうしようもないなぁと思いつつほっといた。

そしたら、

「今日の夜も暇だから」

とか言ってうちに来て飲んで、

「今日起きたらパンツはいてなくてさー」

とか笑ってた。

ぼかしつつ聞いたら、昨日のことは全然覚えてないらしい。

んで、今は隣の部屋でまた寝てる。

どうしよう。

ここまで来ると、エロって言うよりコメディだな。